アラフォーおやじの役立ちポイント

アラフォーおやじが見つけたお役立ちポイントをご紹介

結婚後は実家同士のお中元は?カタログギフトは失礼?商品券はマナー違反?

   

カタログギフト

お中元・お歳暮などのお付き合いというのはなかなかに頭を悩ませるものですよね。送る範囲はどこまでなのか、何を贈ったらいいのか、マナー違反になる贈り物はないのか、相場はいくらか。

考え出すとキリがありません。

今回は結婚後の実家同士でお中元などのやり取りをするものなのか、何を贈るべきなのか、贈るのを控えた方がよいもの等についてご紹介します。


スポンサーリンク
 
  

結婚したら実家同士でもお中元を贈るの?

結論から言えば贈るべきだと思うなら贈る。そうでないなら贈らなくてもよい。なんて思います。お中元は日頃の感謝を表すものですから、そこは気持ち次第だと。そう思うわけです。

結婚をしたら夫婦とそれぞれの両親は結構親密にやり取りをすることになるとは思いますが、夫婦の両親同士というのはそれほど付き合いがなかったりすることが多い気がします。

それこそ何かのイベントでもない限りは顔を合わせることもないみたいな。

お中元を贈るかどうかに関していえば、マナー的には息子あるいは娘がお世話になっているということで贈るべきというところかもしれませんね。しかしながら、正直言って、やり取りも大変だということからやっていない場合も結構多いようです。

実際、お中元をやり取りしている場合でもやめたいなと。そう思っている人もいると耳にしたことがあります。

お中元を贈る・贈らないというのはそれぞれの考え次第という所もありますから、結局のところ相手方がお中元に対してどう思っているのかということにかかっていると思います。

旦那さんの両親には旦那さんから、奥さんの両親には奥さんからそれぞれ、お中元を贈ろうと思っているのか、それとも贈るのは大変だと思っているのかを、それとなく聞いて両方の意見をすり合わせるという方法が良いのではないかと思います。

マナーというのは人それぞれ、あるいは住んでいる地域などで基準が違うということもありますから、「自分はこれが常識だ」と思ったとしても、相手にとっては常識ではないということはたくさんあるんですね。

そういう事から贈る贈らないに関しては、密かに両方の意見を聞き出して調整する必要があると思います。


スポンサーリンク
 

お中元にカタログギフトは失礼?

お中元を贈ろうと思って、さて何にしようか。色々と悩みますね。

あれこれ悩むのなら、いっそのことカタログギフトにしちゃえ!

なんて思ったことはありませんか?

カタログギフトなら何を選べばよいか頭を悩まさなくて済むし、相手も欲しいものを選べるし。いらないものを贈ってがっかりさせることもないし、良いことだらけじゃない!

冴えてる!自分!

なんて思ったりしませんか?

でも考えてみてください。実際お中元にカタログギフトが届けられた時に受けるあの感情を。

「お中元です」

と宅配便のドライバーさんに渡された時のあのサイズ感。

たくさんある商品の中から選ばなければいけないという、あの面倒くささ加減。

そして何より「自分で選ぶの面倒だからそっちで勝手に選んでね」感がたっぷり伝わってきて湧き起こる、何とも言えないモヤモヤ感。

そうです。カタログギフトって結構そういう所があるんです。

もちろん、結婚式の引き出物とかたくさんの人に渡す必要がある場合であれば、それはそれで用途として結構広まっていることですから、今はそれほど違和感は感じませんが、お中元となるとどうでしょうか?

結構微妙な印象を受けます。

なので結論としては、「お中元にカタログギフトは向いていない」ということでいかがでしょうか。

お中元に商品券はマナー違反?

カタログギフトはあまり良くないんじゃないかと。それは何となくわかった。だったら商品券はどうよ?

と思いませんでしたか?

商品券なら好きなものを買えるしカタログから選ばなくてもいいし、なんだかんだ言ってもやっぱり金券は便利よね。

冴えてる!自分!

なんて思いませんでしたか?

結論から言うと商品券は現金よりは生々しくはありませんが、それでもやっぱり避けておいた方がいいでしょう。

人によっては「お金に困っていると思われている」と感じる人がいますからね。今はそれほどでもないとは言われていますが、そう感じる人もいないわけではありません。

ただ考え方によっては、いらないものをもらうよりは商品券でもらった方が助かる。という人もいることはいます。管理人は商品券でくれるなら現金の方がいいかなと思ってしまうタチですが。

ですから、商品券もお中元のギフトの選択としてはアリかもしれませんが、贈る相手が商品券をもらったらどういう反応をするかを想定した上で、アリだと思った場合なら商品券でもいいのではないかと思います。

想像できないということであれば危ない橋を渡るのは止めてきちんとお中元にふさわしい商品を贈るのが良いでしょう。

まとめ

ぶっちゃけた話、お中元を贈るのって面倒くさいですよね。なんとなく気を使いますし。

カタログギフトを送るのは止めた方がよいと書きましたが、カタログギフトを見たことのある人なら分かると思いますが、あのカタログって結構豪華ですよね。

あんな豪華なカタログ作ってるくらいならもっと商品にお金をかけましょうよ。なんて思うのは私だけでしょうか。

実際、選べる商品を見てみると価格相当のものってほぼ無いでしょ。あれって送料とかカタログ作製費が料金から引かれてるからだと思うんですよね。

便利なのは良いんですけど、何だかもったいない気がするのは管理人が貧乏性だからでしょうか?

表向きは「カタログギフトなんて心がこもってないじゃない!」という管理人ですが、本心はそんなところだったりします。

もちろん場合によってはとても便利なんですよ。カタログギフトって。



 - お中元