アラフォーおやじの役立ちポイント

アラフォーおやじが見つけたお役立ちポイントをご紹介

洗濯機掃除の酸素系漂白剤でのやり方と排水溝の臭いやカビ 洗濯頻度は?

   

洗濯

今回も大掃除ネタで行ってみようと思います。年末近くなって色々と慌てるのも困りますし、今のうちから知識だけでも入れておくといいんじゃないかなと思ったりします。

さて、今回は洗濯機の掃除についてです。

洗濯機は選択する際に使用するものですが、その洗濯機自体は選択していないのではないかと。そういう人が多いかと思います。

かくいう僕もその一人です。そこで、洗濯機の掃除について考えてみましょう。


スポンサーリンク
 

洗濯機掃除は酸素系漂白剤で。そのやり方は?

洗濯機の掃除と言えば聞いたことがある人は多いと思います。

洗濯機に水を張って洗剤を入れてしばらくすると洗濯槽の裏にこびりついていたカビなどが浮かび上がってくるという情報を耳にしたことがあるでしょう。

まずは、どんな感じになるのか動画を見つけたのでご覧ください。

少々ショッキングな動画なので、あまり見たくないという人は見ない方が良いかもしれませんが、実際にご自分の洗濯機を掃除する際に見ることになると思うので、今のうちに見ておいた方が良いのかもしれません。

こんな感じです。

酸素系漂白剤をお湯に溶かして洗濯機を動かし、一晩おいておくとカビなどのゴミが浮いてきますので、ごみ取り網などでゴミやカビをすくい取ります。

で、再度「洗い」をして同じようにゴミやカビを取り除きます。これをごみが無くなるまで繰り返します。

最後は「すすぎ」で洗濯機をきれいにして終了です。

 
酸素系漂白剤はお湯10リットルに対して100グラムが目安だそうです。

酸素系漂白剤を溶かす前に、まずは洗濯槽いっぱいにお湯をためます。これはお風呂の残り湯でいいとの事。水よりは多少温度が高い方が良いかもしれません。お風呂の残り湯であれば40度程度にはなっているでしょう。

次に、お湯で酸素系漂白剤をとかし洗濯機に入れます。熱すぎると変形したり溶けたりするものがあるかもしれませんので注意しましょう。

そして洗濯機の「洗い」で2・3回ほど洗い一晩ほど放置します。

汚れが浮いてきていると思うので、その汚れをすくい取ります。

で、再度「洗い」を実行します。また汚れが浮いてくるなら、同じようにすくい取ります。

これを繰り返してきれいになるまで繰り返します。

 
最後に「すすぎ」をして完了です。

すくい取れないゴミなどはティッシュなどでふき取るなりしましょう。


スポンサーリンク
 

洗濯機の排水溝が臭い時の掃除方法

洗濯槽の掃除が終われば排水溝ですね。排水溝から臭いが漂ってくるという状況は想像するだけでも恐怖を感じます。

そこで排水溝の掃除はどうすればよいかという事ですが、においの原因はいくつかあって、洗剤の使い過ぎだったりというのもあったりします。

洗剤の使い過ぎという事であれば洗剤を使う量を減らしましょう。という事になりますね。

今回は下水の臭いがする場合について考えてみます。

 
排水溝には排水トラップというものがあって、下水の臭いが上がってこないような仕組みになっているはずです。排水溝の臭いがする場合は、その排水トラップに問題があることが考えられます。

・排水トラップに水がない
・排水トラップがしっかりとはめられていない

まず、これらを確認してみましょう。

排水トラップにはコップのようなものがあったりして水をためておく仕組みになっています。その水が臭いをせき止める役割をしてくれているのですが、その水が無い場合は臭いがそのままストレートに上がって来てしまうので臭いんですね。

一度、水の存在を確認してみましょう。

 
また、何らかの事情で排水トラップが緩んでしまったりして、きちっと締まっていない場合も臭いが上がってくる原因になります。そこで、排水トラップが確実に締まっているか確認することも大事です。

取りあえず、これらの処置をしてみて排水溝から臭いが上がって来るかどうかチェックしてみると良いと思います。

洗濯機のカビに対する掃除頻度は?

洗濯槽の掃除も終わったし排水溝のチェックも完了した。そうなればひとまずは安心ですが、そうは言っても汚れは日々溜まっていくもの。

次はいつ掃除をすればよいのでしょうか?さすがに来年の大掃除までしなくて良いということはないでしょう。

という事で、色々と調べてみたところ、洗濯槽の掃除はだいたい、掃除したての頃は月1回を目安に掃除をするとよいと言われています。

そして、カビがそれほど付着していないなと感じたら3か月に1度で良いそうです。

ここら辺については気になるのであれば、1ヶ月に1度は掃除をするというスタンスでいいのではないかと思います。

まとめ

知識として洗濯槽にはカビがごっそりついていて汚れているものだとは知っていても、実際に洗濯槽の掃除をしたことの無い人は結構いるのではないかと思っています。

洗濯機を選択するなんて面倒くさいですからね。

とはいえ、汚れているもので選択したとしても綺麗にはならないでしょうから、洗濯機の洗濯をするという選択も大事になってくると思います。

年末の大掃除に残しておこうと思ったりもしますが、今から出来る事は今やっておいた方が良いのではないかと思ったりします。

それでなくても年末は忙しくなってきますからね。やらなければいけないことは少しでも減らしておいた方が、楽しく新年を迎えられるというモノです。

さて、あなたはどうしますか?



 - 掃除・洗濯