アラフォーおやじの役立ちポイント

アラフォーおやじが見つけたお役立ちポイントをご紹介

目の紫外線対策はメガネかサングラスか?白内障に伊達メガネのuvカット効果は?

   

メガネ

紫外線といえばお肌のシミやそばかすの元になるということで、特に女性は紫外線対策は怠りなくやっていると思いますが、肌や髪の毛だけにとどまってはいませんか?

お肌だけではなく眼も紫外線対策は必要になってくるんです。紫外線が目に与える悪影響で白内障になる危険性もあるのです。

今回は紫外線と白内障の関係とその対策についてご紹介します。


スポンサーリンク
 
  

目の紫外線対策はメガネで

白内障は加齢によっても引き起こされますが、長いあいだ紫外線を浴び続けることによって、目の中にある水晶体のたんぱく質を変化させて濁らせてしまうことでも生じる病気です。

視力低下やものがぼやけて見えるという症状が見られます。

白内障の大きな原因は加齢によるものではありますが、紫外線の悪影響も無視するわけにはいきません。

 
>> 髪や頭皮への紫外線対策!日焼けによる悪影響とヘアケア法

この記事でも紹介しましたように、量は変化しますが紫外線は年中降り注いでいます。ですから紫外線対策も紫外線の強い月以外にもしておいた方がよいのではないかと思うのです。

対策としては、やはりサングラスのようなメガネで紫外線をカットするという方法が良く知られています。

紫外線対策としてはサングラスで白内障も防げる?

サングラスといえば色付きのメガネで、そのサングラスで白内障の発生する危険性を低く抑えられると言われています。しかしサングラスについてよくある誤解が「色の濃いサングラスの方が紫外線をカットする能力が高い」というものです。

紫外線カットの効果についていえばサングラスの色の濃さは関係ありません。それどころか色の濃いサングラスでは、視野が暗いために瞳孔が開いてしまって、逆に紫外線を多く取り込んでしまう可能性があるんです。

怖いですね。

ですから、紫外線をカットする目的でつけるサングラスは薄めの色できちんとUVカットの性能が表示されているものを使用すべきですね。

結論としては白内障の危険性を低くするためにはサングラスならどれでもいいというわけではなくて、できれば薄い色で紫外線カットが謳われているものでなければいけないということになります。

でもサングラスなんて...

とサングラスをかけることに抵抗を感じる人もいるかもしれません。そういう人は伊達メガネなんてどうでしょう?


スポンサーリンク
 

伊達メガネのUVカット効果は?

紫外線が目に与える影響は知っている。でもサングラスをかけるのは抵抗がある。そう悩むのはコンタクトやメガネなど不要な視力の良い人ですよね。視力が悪くてコンタクトやメガネをしている人であれば、UVカットのレンズを使えば問題ありませんから。

そういう人にはクリアレンズサングラスというものがあります。見た目は普通のメガネなんですが、度が入っていなくて伊達メガネのような感覚で身に付けられるという素敵なアイテム。

UVカット効果があり紫外線から目を保護してくれるスグレモノ。

サングラスが似合わないとか、仕事中はサングラスをかけていられないとか、サングラスってつけるのに勇気がいるなんて思っている人にはお勧めですね。

Zoffやユニクロからクリアレンズサングラスが登場しています。Zoffのクリアレンズサングラスは紫外線のカット率が99.9%という数字。

サングラスどころかメガネでもイヤ。という人もいるかもしれませんが、紫外線による白内障のリスクを少しでも減らすためには、嫌だとしても眼鏡で手を打った方が良いのではないでしょうか。

まとめ

管理人は既にメガネ族なので、サングラスやクリアレンズサングラスに頼らずとも既にUVカットのレンズを使用しています。ただ、かなりくたびれたレンズなので、ところどころ剥げてきていますが。

ひょっとしたらUVカット機能がなくなっているかもしれません。メガネ族だからと言って安心できませんね。

顔や腕などには紫外線の影響を考えて日焼け止めを塗っている人も多いと思いますが、これを機に目の紫外線対策も考えてみてはいかがでしょうか。



 - 紫外線対策