アラフォーおやじの役立ちポイント

アラフォーおやじが見つけたお役立ちポイントをご紹介

髪や頭皮への紫外線対策!日焼けによる悪影響とヘアケア法

   

頭皮

最近は女性も薄毛に悩んでいる人が増えてきていると聞きますが、薄毛・抜け毛と言えば高齢男性の象徴のようなものですね。河童型、M字型などいくつか種類はあるものの年齢を重ねていけば多かれ少なかれ頭は薄くなりハゲる。そういうモノです。

そういう管理人もそうでして、私の場合は河童型の薄毛になるわけですが、どう頑張っても隠し切れないので坊主にしました。中にはふさふさとした方もいらっしゃいますが、そういう人を見ると非常にうらやましく感じます。

さて、そんな薄毛・ハゲですが紫外線による悪影響も無視できません。今回はそんな紫外線の悪影響と対策についてご紹介します。


スポンサーリンク
 
  

髪や頭皮への紫外線対策は?

季節にもよりますが、紫外線は年中降り注いでいると言われています。オゾン層が破壊されてきている最近ではその量も増えている傾向にあるようです。

そのような状況の中、髪や頭皮への紫外線対策として有効だと言われているのは帽子をかぶったり日傘をさしたりすることだと言われています。

私のように坊主だと紫外線の影響をもろに受けますので帽子は必須ということになるでしょう。私は外に出ることがあまりなく、出るとすれば家庭菜園がほとんどなので、本当なら帽子をかぶった方がいいのでしょうけどタオルで代用しています。

仕事で外を回ることが多いという場合は、できるだけ帽子をかぶった方が紫外線対策としては良いでしょう。あるいは次に挙げる日傘もお勧めです。

ただし、長時間帽子をかぶっていると蒸れてきて細菌による頭皮の炎症を引き起こす可能性もありますので、通気性の良い帽子をかぶるなどの対策は必要となってきます。

紫外線対策としての日傘は男性でもアリ?

また、もう一つの対策である日傘ですが、男性で日傘をしている人はあまり見かけないので抵抗を感じる人も少なくないようです。

ですが最近では男性用の日傘で格好の良いものが出てきていますし紫外線の影響も考えると、日差しの強い時は無理をせずに使用した方が紫外線対策としては良いのではないかと思います。

紫外線の影響は若い時の対策不足が蓄積していきますから、なるべく若い時から紫外線対策をして、中高年になってからシミなどに悩まないようにしたいですね。男性でもシミなどに悩む人が結構いるそうですから、できる時にできる事をしておくというのは大切なことだと思います。

頭皮の日焼けによる悪影響は?

よく聞く日焼けによる悪影響としては頭皮が剥けてくることが挙げられます。

その剥けた頭皮がフケのように落ちてくるわけですよ。パラパラと落ちるフケのような頭皮。不潔にしているのではない!と心の中で叫んでも、周りの人にはその心の叫びは届かないでしょう。

そんな周りの目って結構気になりますよね。

実際は周りの人だってそんなに気にしていないのかもしれません。でも、フケのような頭皮がはがれてくるとなれば、人がどう思っているか気になってくるというものです。

そうならないように日焼け対策はきちっとしておきたいですね。先ほども挙げたように帽子や日傘というのがその対策となるでしょう。

とても気になる日焼けによるハゲ

日焼けというのは紫外線を受けて炎症を起こしたり色素が沈着したりすることを言いますが、頭皮に紫外線を受け続けることによって、細胞にダメージを与えて髪の毛が生えにくくなってしまうんですね。

「光老化」などとも呼ばれる老化現象と言われています。

日焼けでヒリヒリするという段階を超えてしまったら、髪の毛を作る毛母細胞がうまく働かなくなって髪の毛が抜けてしまったり、髪の毛が生えなくなってしまうことが起こりえます。

また、日本人は髪の色が黒ですが、髪を黒くする細胞も働かなくなって白髪が目立つようにもなってきます。

怖いですよね。紫外線。


スポンサーリンク
 

頭皮の日焼けケアは何をする?

では、頭皮の日焼けケアとしては何をすればよいでしょうか。

日焼けをして頭がピリピリするという場合は軽いやけどを負っているようなものなので、ヒリヒリする部分を冷やすということが大事です。冷たいタオルなどで頭を冷やすのが良いでしょう。

痛みが余程ひどい場合は皮膚科を受診するということも検討した方がよいです。その場合はシャンプーや整髪料の使用は控えてすぐにでもお医者さんに診てもらった方がよいでしょう。

日頃からのヘアケアとしては、これまでも何度か出ているように帽子や日傘というのがおススメですが、頭皮・頭髪用の日焼け止めがあるんですね。

長時間、日に当たってしまうという場合は帽子や日傘に加えて、これらの日焼け止めスプレーなどを使用してみてはいかがでしょうか。その際には紫外線散乱剤を使用した日焼け止めをお勧めします。

頭皮や髪への紫外線対策のまとめ

私のように髪の毛が生えなくなってきてしまったという人も多くいるかとは思いますが、だからといって、もうどうでもいい。紫外線対策はしなくてもよい。ということにはならないわけです。

確かに髪の毛が薄くなってきてハゲてきた段階で紫外線対策をしても、髪の毛が生えてくるかというと、その望みは薄いと言わなければいけません。(髪の毛が生えなくなったのは紫外線のせいだけではないとは思いますが)

ですが、紫外線が怖いのは髪に与える影響だけではありません。

皮膚がんの原因にもなりうるとも言われているので、髪の毛や頭皮のみならず、全身を紫外線から守る必要があるんですね。

紫外線の蓄積による影響も無視できません。今、何ともないからと言って放置していると、数十年後にそのツケが回ってくるんです。

そうならないように、今からできることを少しずつやっておきたいですね。



 - 紫外線対策