アラフォーおやじの役立ちポイント

アラフォーおやじが見つけたお役立ちポイントをご紹介

お肌のための花粉症対策など

      2017/04/10

春が近づくと温かさも相まって心もウキウキしてきます。特に北海道に住んでいると厳しい寒さからの解放感たるや特別なものがあります。

しかしながら、春を喜ぶ人たちがいる一方、嫌な気分になる人達がいるというのも事実です。

そう、花粉症を持っている人たちですね。花粉症に悩んでいる人たちにとっては辛い時期の始まりです。


スポンサーリンク
 

花粉症の症状として、目がかゆくなったり鼻水が出たりと不快な症状が現れますし、肌にも悪い影響を与えることもあるようです。

目や鼻への花粉症の症状を感じていなくても、春になると肌の調子が良くないなと感じる人もいると聞きます。

冬場は乾燥して肌が弱り気味であるのに、春になって花粉にさらされ、更には強くなってくる紫外線と肌トラブルが起こりやすくなってくる季節なんだそうです。

お肌の対策としてどのようにしたらよいのかということを調べてみました。

花粉症による肌荒れ対策

花粉症による肌荒れが影響する場所というのは、ほとんどが顔や首元だと言われています。

体は衣服で包まれているので、直接花粉に触れるということはそれほどあることではないと思います。

 
一方、顔や首は直接花粉に触れる可能性が高いのですが、肌が健康な状態ならば、肌が花粉から守るためのバリアが機能しているそうなんですね。

ですが、花粉症の影響で目がかゆくなって目をこすったり、鼻水を拭き取ったりすると、摩擦で肌を痛めてしまうことになります。

そうなるとバリアの機能が低下して、そこから花粉が侵入して炎症を引き起こすという結果になるんですね。

ですから、できるだけ肌を使役しないように心がけるという必要があるわけです。

 
また積極的に肌を花粉から守ることも大事です。

乾燥が原因で肌が荒れることがありますが、その場合は花粉の刺激を受けやすい状態で危険です。

ですから、肌の潤いを守る成分が含まれている化粧水などを使ってしっかりと保湿する必要があります。


スポンサーリンク
 

基本的な花粉症対策として

基本的な花粉症対策についてもご紹介しておきます。

外出した場合は衣服に花粉がついていることが多いので、玄関で花粉を払い落すことが大事です。

また、手洗いやうがいをしておくこともお忘れなく。

最近では目を洗うための「アイボン」なる商品もあるようですから、そのような商品も使用しつつ花粉対策をすると良いでしょう。

更には顔を洗って顔についた花粉を落とすということもおすすめです。女性はメイクをしているでしょうから、メイクとともに花粉を落としましょう。



 - 健康