アラフォーおやじの役立ちポイント

アラフォーおやじが見つけたお役立ちポイントをご紹介

お歳暮のお返しでお礼状は必要?相場やタイミングについて

      2016/08/19

お歳暮

お歳暮をいただいたらお返しをしなければと思ってしまいますよね。一般的にはお歳暮のお返しは不要らしいのですが、貰いっぱなしでは気持ちがおさまらない。

そういう人もいるようです。

そんな人のために、お返しはどうしたらよいのか?どれくらいがお返しの相場なのか?などを調べてみました。


スポンサーリンク
 

お歳暮のお返しに礼状は必要?

そもそもお歳暮にお返しは不要というのが一般的です。しかしそこをあえてお歳暮のお返しの品物を贈る場合ですが、先に礼状を送っておくのがマナーとなっています。

お歳暮とはその年お世話になった方にありがとうの気持ちを込めて、また宜しくといった意味合いも込めて毎年年末に贈るものです。

感謝の贈り物であるため基本的にはお返しは不要です。しかしいただいた相手が会社の人だったり親戚だったり、お返しをしないと気が済まない場合もあります。

ここでそのまま品物を贈るのではなく、例えばお年賀として贈り物を用意することにして、お歳暮を受け取ったら早いうちに礼状を先に送っておきます。

そして年が明けてからお年賀のかたちでお返しをすれば相手も気を遣わずに済むでしょう。


スポンサーリンク
 

お歳暮のお返しの相場は?

本来はお返しが不要といわれているお歳暮ですから、お礼のお手紙を送るのみでもよいイベントではあります。しかしせっかくいただいたのだし、お礼のお手紙だけででは自分の気が済まないという気持ちもありますよね。

その場合、贈り物をお返しとして贈っても大丈夫です。ただし、その相場ですがいただいたお歳暮と同等のものが好ましいです。

いただいたものより高価だと贈ってくれた方に失礼にあたります。かといってだいぶ低価格だと分かるものだと贈った意味がありません。

お歳暮の内容は食品など調べれば相場が分かるものが多いので調べを参考に品物を選ぶとよいでしょう。

お歳暮のお返しのタイミングは?

お歳暮をいただいた場合にお返しがしたいと思ったら、どのタイミングでお返しをすればよいでしょうか。すぐに頭に浮かぶのは、もらったらすぐにお返しをする。という事だと思います。

その様にするのも一つの手ではありますが、そうしてしまったら相手に気を遣わせてしまう場合もあるでしょう。

そこで、お礼状の所でも書きましたが、お歳暮を貰ったら、まずはお礼状を出す。そして、お年賀という形でお返しをする。という方法も考えられるのです。

お歳暮を贈って頂いた相手にもよるとは思いますが、そのような方法も検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

現時点では僕はお歳暮を貰う立場ではないので、切羽詰まった感じではありませんが、それでも思いがけずお歳暮を貰ってしまった場合などはどうすればよいか慌てふためくと思います。

そうならない様に、今からある程度の知識を身につけておかなければと感じています。とはいえ、お歳暮のお返しは不要というならそれでもいいんじゃないかと思ったりします。

父親はお歳暮を貰ったらお返しをしていたみたいですが。



 - お歳暮