アラフォーおやじの役立ちポイント

アラフォーおやじが見つけたお役立ちポイントをご紹介

ガス代節約にお風呂の追い炊きや温め直しグッズ!残り湯の使い道は?

   

お風呂

お風呂のお湯を沸かし直すのに追い炊きをしている人も多いと思いますが、ガス代の節約にはどうなのか?なんて思いますよね。

残り湯を沸かすのですから、確かに水道代は安く上がるのですがガス代はどうなんでしょうか?

ということで、今回はお風呂の沸かし直しに追い炊きは経済的なのか?その他に方法はないのか?について調べてみました。


スポンサーリンク
 

ガス代節約のためにお風呂の追い炊きをしてみる

結論から言ってしまうと、お風呂のガス代を節約するには追い炊きをしないことが大切なのです。

お風呂にお湯を入れてそのままにしておくと、いくら種火がついていてもお湯の温度は次第に下がっていきます。

特に冬寒い時期はすぐに下がります。

ですからお風呂にお湯を入れたらすぐ入ることが大切です。また家族一人一人が間をあけないで次々と入ることも必要です。

ただ追い炊きをしないとなると、どうしてもお湯の温度が下がってくるのでいろいろ工夫してみましょう。

先ずお湯の温度が下がらないようにお湯の上に置くシートが販売されているのでそれを利用するのも一案です。

また、最初お風呂に入れるお湯の温度を少し高めに設定しておいて、熱いお湯を好む人からお風呂に入っていき、最後はぬるいお湯でもかまわないという人に入ってもらうなどのアイデアもあります。

ぜひ試してみて下さい。


スポンサーリンク
 

お風呂の温め直しグッズには何がある?

追い炊きをしないならどういう手段があるのか。ということで、お風呂の温め直しグッズについて見てみましょう。

最近は温め直しグッズが出回ってとても便利になっています。

電子レンジで温めておいてそのままお湯に投入するだけで長時間保温してくれるものや「沸かし太郎」といった湯沸かしの役割を果たしてくれる商品もあります。

特に保温に長けているタイプは追い炊きができない家は言うに及ばず、追い炊きができる家庭でも節約したい時に使える便利なグッズです。

また、これに限らずどのグッズも追い炊きに比べて低コストで抑えられるため人気の生活用品です。

節約したい方や家族のお風呂の時間がバラバラでお湯が冷えてしまうという方はぜひ試してみてください。

お風呂の残り湯の使い道は?

お風呂をためての入浴は、血行促進やリラックス効果など様々な利点があるので、できるだけシャワーではなくお湯を張って入りたいものです。

このお風呂の残り湯を無駄にせず有効的に使いたいですよね。

残り湯には、どうしても雑菌の繁殖もあり綺麗な水のように使うわけにはいきませんが、大まかな洗いの作業にはもってこいといえます。

使い道としては既にされているかたも多いと思いますが、洗濯機での洗いの水として使う方法です。すすぎの際は綺麗な水を使用すれば雑菌の心配もありません。

次に風呂の洗い場や浴槽洗いの水として使うことでも節約となります。この場合もすすぎは綺麗な水を使用しましょう。

また大物の洋服やマットなどのつけ置き洗いにも重宝します。残り湯の張った浴槽にそのままつけ置き洗剤と洗いたい大物を入れ、つけておけば汚れが浮き出てきます。

そのあとのすすぎを綺麗な水を使うことで半分以上の水の節約となります。

まとめ

お風呂の追い炊きから始まった節約ですが、残り湯を使った節約方法など生活の知恵って色々とあるんですね。

一部のお金持ちを除いて不景気だと言われている今の時代、少しでも節約をして老後のための生活資金を貯めておきたいと思ったりします。

出来るだけお金を使わずに済めばいいとは思いますが、それはそれで経済が回らなくなるということで問題にもなるわけで。

難しい問題ですね。



 - 節約