アラフォーおやじの役立ちポイント

アラフォーおやじが見つけたお役立ちポイントをご紹介

敬老の日のプレゼントは手作りメッセージカードで 作り方や例文は?

   

敬老の日

敬老の日にはおじいちゃん、おばあちゃんに何をプレゼントしようか悩むところですが、メッセージカードの作成という手もあるんですね。

そこで今回はメッセージカードの作り方や例文についてご紹介します。


スポンサーリンク
 

敬老の日にプレゼントで手作りカードを贈りたい。

敬老の日のプレゼントというと、お年寄りの好みに合うか役に立つものが選べているのかなど悩みがちです。

ただプレゼントといっても、お金をかけるだけが贈り物ではありませんよね。気持ちを込めて手作りのカードを贈ってみるのはいかがでしょうか。

長年頑張って生きてこられた方への敬意や感謝を込めて手作りカードを作りましょう。

立派なカードでなくてもかまいません。

例えば画用紙を手のひらサイズに切って、そこに切り絵を貼ったり絵を描いてもいいでしょう。

高齢になると目の衰えも気になるものです。はっきりとした色彩のカードを作り、メッセージの字を大きくはっきりと書く方が読みやすくていいでしょう。

どんなカードであっても一生懸命作ったものであれば、きっと喜ばれます。

都合が付かず敬老の日の当日に渡せなかったとしても、さほど大きな問題ではありません。

相手の喜ぶ顔を想像しながら贈る側も手作りを楽しみましょうね。


スポンサーリンク
 

敬老の日に贈るメッセージカードの作り方は?

敬老の日には普段伝えられない感謝の思いを伝えるために手作りのメッセージカードを贈る方法もあるということをご紹介しました。

より心がこもっていることが伝わって、おじいちゃん・おばあちゃんにもとても喜ばれることでしょう。

ここでは作り方をご紹介します。

作り方は様々ですが遠方に住んでいる方に贈るのであれば、写真入りのものが特に喜ばれます。台紙は少し固めのものを選び何種類かのカラーペンでカラフルに仕上げましょう。

写真はそのまま貼るのではなく、形をかわいくカットして目立つ場所に配置すると良いですね。

メッセージのスペースを充分に空けたら、そのまわりをカラーペンや100均などで手軽に購入できるシールなどでデコレーションすると、より華やかさが増します。

お子様でも充分作れるものなので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

敬老の日に贈るメッセージカードに例文を書き込むなら

手作りしたメッセージカードですが、どのような文章を書きこんだら喜んでくれるでしょうか?

小さい頃からいつも温かく見守ってくれているおじいちゃん、おばあちゃんに感謝の気持ちを込めてメッセージを送りたいですよね。

でもなかなか良い文章が思い浮かばない、というあなたにいくつか例文をご紹介したいと思います。

「私が小さい時によく折り紙を教えてくれたね。おばあちゃんに教えてもらった折り紙を今子供に少しずつ教えているよ。」

この様に昔の良き思い出をメッセージにするときっと喜んでくれるでしょう。折り紙をあなたの経験に基づいて変更してみてください。

その他には「おじいちゃん、今度一緒に釣りに行こうね」など、お誘いしてみてもいいですね。

孫はいくつになっても可愛いものですから、そんな孫からお誘いを受けたとなると喜ばれる事この上なしです。

一年に一度の敬老の日ですから面倒に思わず、感謝の気持ちをしっかり伝えたいところですね。

まとめ

いくつになってもおじいちゃん・おばあちゃんはありがたい存在です。いつまでも元気でいて欲しいですね。

いつもおじいちゃん・おばあちゃんには感謝しているとは思いますが、それを形にできるのが敬老の日です。

自分も何かできればなと改めて考えさせられました。



 - 敬老の日