アラフォーおやじの役立ちポイント

アラフォーおやじが見つけたお役立ちポイントをご紹介

中学生の自由研究テーマで一日かつ家でできるのは氷の溶け方

      2017/03/27

コップ

中学生の夏休みの自由研究に頭を悩ませる学生が多いと耳にしました。最近では親が子供の自由研究を手伝うこともよくあるそうで、頭を悩ませるのは学生だけではないんですね。

自由研究には色々あれど、やっぱり簡単にできて、外に出かけなくてもできるようなものがいいですよね。そんなものを調べてみました。


スポンサーリンク
 

中学生の自由研究テーマで一日でできるものは?

おすすめで簡単なものとしては色付け氷の実験があります。詳しくは後ほどご紹介します。ここでは、それ以外の簡単なものをご紹介します。

メントスとコーラで噴き出すペットボトル

ペットボトルのコーラにメントスを入れると泡が噴出してきます。YouTubeで爆発的な再生回数を記録したことで有名な動画もペットボトルの泡噴出動画です。爆発的な再生回数を記録したのは別の理由があると思われますが、どえらい再生回数を叩き出しています。

「別の理由」があるのでここでは別のコーラメントスの動画をご紹介します。

凄いことになりますよね。なぜコーラにメントスを入れると噴き出すのか。これを自由研究のテーマとするのは面白いのではないでしょうか。

 


背が伸びるサプリ【フィジカルB】商品購入

 
 

自由研究の中学生で家でできるものは?

自由研究というと外に出かけて調査するものもあります。その方が色々と深いレポートが書けるというもの。しかしながら、そこは学生。自由研究を提出する側からすると、やはりできるだけ時間がかからず簡単なもの、家でできるものが求められていると思います。

そこで中学生でも家でできて、家にあるものでできる自由研究はないかと調べてみました。

表面張力の実験

水とコップとコインがあれば簡単にできる表面張力の実験などはいかがでしょうか。表面張力の動画がありましたのでご紹介します。

表面張力と言えば、ジョジョの奇妙な冒険の第三部でジョースターさんがダニエル・J・ダービーと勝負をしたことでも有名ですね。コップに水をたっぷり入れて、コインを交互に入れてどこまでこぼれないで済むかという賭けをしたという話です。

コップに入れる液体は水だったりお湯だったり、洗剤を含めてみたり色々と変えて比較実験してみるのもいいかもしれません。

まずは予想をして実験。その上でレポートにまとめると良いでしょう。

自由研究の中学生は氷の溶け方がいいのでは?

ということで、一番初めに言及した氷の解け方についての自由研究についてご紹介します。

簡単に言えば、氷に色を付けてその氷の解ける時間を調べるというものです。水に色を付けて凍らせるわけですね。そして日の当たる場所や日陰の場所など条件を変えて氷がどのように溶けるか調べてレポートを書くということで立派な自由研究になるでしょう。

一つ一つ別に溶かすのではなく、同時に溶かして写真を撮って比較してみたりするのも面白いかもしれません。また実験前にどうなるかという予想も立てた上で、実際の結果と比較するのもいいでしょう。

この実験は1日2日もあれば簡単に終わるでしょう。氷を凍らせるのと溶かすのにに時間がかかるということが厄介ではありますが、実験自体は難しいものではないですよね。

レポートとして仕上げるのが面倒くさいかもしれませんが、まぁそこは仕方ありません。頑張りましょう。

まとめ

自由研究というのは本来、自分で自由にテーマを設定することがその目的だと思っています。数あるテーマの中から自分に合った適切なテーマを選び研究する。教科書で学ぶ数学や国語などの科目では学ぶことが出来ない能力ではないかと。

その参考になるかどうかは分かりませんが、このブログでもいくつか記事を書いています。ぜひご覧ください。

>> 中学生の自由研究のテーマのアイデアと親の手伝いについて【まとめ】

学生時代の勉強なんて役に立たないなんて言われますが、確かにそう思います。ですが自由研究は別ではないでしょうか。自由研究で養われる「自分で考える力」は社会に出ても役に立つと思います。

というよりも、社会に出てから役に立つ場面が多い能力ではなかろうかと。

マニュアル通りにしか動けない人が多いと言われている昨今、小さなうちから柔軟な思考ができるようにトレーニングすることは役に立つことだと思うのです。



 - 夏休み