アラフォーおやじの役立ちポイント

アラフォーおやじが見つけたお役立ちポイントをご紹介

父の日と母の日を一緒にペアギフト!いつ渡すのがよい?

   

母の日父の日

母の日は5月の第2日曜日ですね。母の日については忘れる人は多くないと思いますが、父の日に関しては残念ながら忘れてしまう人が母の日と比べると少し多くなるようです。

そんなこともあって、母の日と父の日を一緒にしてしまおうという人たちがいるのだとか。一緒にしてしまえば忘れても大丈夫という思いからなんでしょうか。

ちょっと世の中のお父さんが可哀相な気がしてきました。

ということで、今回は母の日と父の日を一緒にするならペアギフトはいかがでしょうかというご提案になります。


スポンサーリンク
 
  

父の日と母の日を一緒にするのは良くない?

父の日と母の日を一緒にすることについて良いか悪いかと聞かれても唯一の答えはないでしょうね。

そもそも、お父さんとお母さんが一緒にしてもいいと思うのであれば良いのでしょうし、頑として分けてくれ。というのであれば一緒にすることは良くないでしょう。

とはいえ「父の日と母の日のプレゼントを分けてくれ。」というのは、プレゼントをもらう方からいう事でもありませんし、なかなか難しい問題です。本人たちに聞くことができれば問題はないのですが、聞きにくいことも状況によってはあるでしょう。

一緒にしたい理由はいくつかあると思いますが、個人的には一緒にしてしまってもいいと思うんですよね。

父の日を忘れそうだったり、金銭的にも少し負担になるから一緒にしたいとか。そういった理由が主なものかと思いますが、一緒にする分、それなりのものをプレゼントすれば、お父さんもお母さんも喜んでくれるのではないかと。そう思うわけです。

2回に分けてプレゼントすると多少割高になってしまうけれども、1回でなら2回に分けるよりは安く済む。という価格帯のものを選べば金銭的にも多少は助かるのではないかと。

母の日と父の日のペアギフトなんてどう?

ということで、プレゼントとして何が良いかということですが、せっかく一緒にするのですからペアギフトが良いんじゃないかなと。そう思います。

夫婦茶碗とか湯呑とか、今は真空ステンレスタンブラーなども売られているんですね。ペアキーホルダーやキーケースなど色々なものが取り扱われています。

キーホルダーやキーケースは長年使っていて所々ほころびなどが出たりして、もうそろそろお役御免だという状況なら丁度良いタイミングでしょう。

それらは毎日肌身離さず身に付けているものですから、管理人としては意外とプレゼントとしてもらうのは嬉しかったりします。使うたびに、これは○○さんからプレゼントしてもらったものだ。と思い出しますから。

またペアギフトの中には、名入れをしてくれるものもあります。真空ステンレスタンブラーなどは名入れをしてくれるところもあるようです。せっかくペアギフトを贈るんですから名入れができるなら名入れもしてもらった方が喜んでもらえるのではないでしょうか?


スポンサーリンク
 

母の日と父の日のペアギフトはいつ渡すのが良い?

父の日と母の日を一緒にするということであれば、どちらか一方の日にプレゼントを渡すことになりますね。普通は時期的に早く来る母の日に渡すのが普通だと思います。父の日と母の日の間をとって5月末に渡すということはしないでしょう。

父の日に渡すということも、あまりないかと思います。そうなったら母の日はどうしたらいいんだ?ってなりますからね。父の日にプレゼントをあげるから母の日はちょっと待ってね。というのも焦らされている感がありますし。

やっぱり母の日に渡すのが自然ではないかと。

で、母の日にプレゼントを渡したとして、それで終わってはいけません。父の日も母の日と同様に感謝の気持ちを伝えるべきではないかと。そう思うわけです。

父の日を忘れたら困るからという理由で母の日と一緒にしたものの、結局はあまり変わらなかったというオチになってしまいますが、父の日を忘れちゃいけません。

つまるところ、そういう事だったりします。

まとめ

母の日と言えばカーネーションというのが管理人のイメージなんですが、最近はプレゼントを贈るんですね。花を贈ること以外にも好きなものをプレゼントしたり食事に行ったりするという話をよく聞きます。

管理人は母の日も父の日もあまりプレゼントをした記憶がありません。小学校の時に母の日にカーネーションを上げたかあげなかったか。といううっすらとした記憶しかないんですね。

もっと両親に感謝しておけばよかったなと。母の日・父の日が話題になる時はそう思わずにはいられません。

親孝行したいときには親はなし。と、昔の人はいいこと言いますね。



 - 父の日・母の日