アラフォーおやじの役立ちポイント

アラフォーおやじが見つけたお役立ちポイントをご紹介

義母への誕生日プレゼントをやめたい|お返し不要の母の日に

   

プレゼント

ヤフー知恵袋を見ていたら、義母さんの誕生日のプレゼントをやめて母の日にプレゼントをしたい。という質問がありました。

質問の主さんと義母さんの関係が悪化しているからというわけではなく、誕生日プレゼントをしてしまってお返しをもらうんですが、それが義母さんにとって負担になっていないだろうかと。

もし負担になっているなら悪いから、お返しが不要な母の日にプレゼントをしたいと。そういう思いからの質問だったんですね。

仲が悪いからという話ではないんです。

義母さんと仲があまり良くないから母の日のプレゼントをやめたい。という人はこちらに記事を書いていますので、是非参考にしてください。

母の日に義母にプレゼントをあげたくない!もうやめたいけどいつまで必要?
 

今回は誕生日プレゼントをやめて母の日のプレゼントに変更するのはどうなんだということについて考えてみたいと思います。


スポンサーリンク
 
  

義母の誕生日プレゼントをやめたいのだけど

世の中には色々と事情がある人がいるわけで、義母へのプレゼントをやめたいという人がいます。これだけを聞くと「あぁ、嫁姑の仲が悪いんだな」なんて思っちゃいますが、今回はそうではないんですね。

義母さんと妻との仲は結構良好。でも誕生日プレゼントはやめたい。

結局、プレゼントそのものをやめるんじゃなくてプレゼントのきっかけを変更したいってことなんですよね。今まで誕生日にプレゼントをしていたものを母の日に変更したいと。だから誕生日にプレゼントをあげるのをやめたいと。

そういう話です。

贈るきっかけを変更するとはいえ、今まで誕生日に贈っていたものをやめてしまうことになりますから、もらう方としては「あれ?」なんて思っちゃうかもしれません。

そういう点を考えると、なかなかやめるという選択肢はとりにくいのかなと思ってしまいます。やっぱり今まで通りというのが良いんじゃないかと個人的には思ったりします。

母の日のプレゼントのお返しが負担になっていないだろうか

先ほども書いたように、この話は義母さんと仲の良くない妻との話ではありません。むしろ義母さんに気を使う優しい妻のお話です。

妻の思うところは、義母さんに気を使わせて気の毒だ。ということなのでしょう。

ですが、どうなんでしょうかね。

義母さんがどのくらいの年齢の方かは分かりませんが、ある程度の年齢の方であれば、もらったものに対してお礼をするというのは普通の事だと思っていることが多いと聞きます。

仮に義母さんの誕生日にプレゼントを贈るのをやめて母の日にプレゼントを贈っても、母の日のプレゼントのお返しとして何かしてくれるのではないかと思うんですよね。

そうなれば誕生日が母の日に変わっただけで何か変わったということもないわけです。

結局のところ今まで通りでいいのではないかと。そう思ったりします。


スポンサーリンク
 

母の日と誕生日に両方プレゼントするのは?

世間の声を色々と聞いていると、母の日と誕生日に両方プレゼントするという人もそれなりの数がいて普通の事のようです。だからと言って片方だけの人がどうこうという話ではありません。人それぞれ考え方がありますからね。

年に2回もプレゼントをするのは疲れてしまうという人もいるくらいですから。贈る方も気を使いますしね。

普通なら母の日か誕生日かどちらでプレゼントすればよいかと悩んでいるなら両方プレゼントを贈っちゃえば?と思ったりするんですが、今回の場合はそうもいかないわけですね。

結局、義母さんに気を使わせるのは悪いと妻は思っているわけですから、母の日も誕生日も両方プレゼントをしてしまったら、逆に義母さんに気を使わせてしまうのではないかと。そう思えるわけです。

だからと言ってプレゼントをやめてしまうのも本末転倒ではなかろうかと。

悩みますね。

どうすればよいか。というのは簡単には言うことは出来ませんが個人的には今まで通り誕生日にプレゼントを贈るということでいいのではないかと思うんですよね。

年に1度の事ですから贈り贈られというのは会話のきっかけにもなるでしょうし。

世の中には義母さんと上手くいかない妻も多い中、うらやましい悩みだと思いませんか?

まとめ

今回はプレゼントを義母さんに贈って、そのお返しをもらうのが心苦しいと。だからお返しのいらない母の日にプレゼントをしたいという妻の悩みでした。でも逆に言うと、プレゼントをもらったままお返しをしないのは心苦しいという義母さんの気持ちもあるわけで。

言葉が適切かどうかは分かりませんが、嫁姑問題が話題となる中、ほのぼのとして癒される悩みだと思います。

プレゼントの1往復。良いじゃありませんか。

出来るならばこれからもずっと続けていって欲しいと思うんですよね。



 - 父の日・母の日