アラフォーおやじの役立ちポイント

アラフォーおやじが見つけたお役立ちポイントをご紹介

母の日のプレゼントを結婚前に贈るのはアリ?手渡しか配達か?送り主の名前は?

   

母の日

婚約中の彼氏がいて、その彼氏のお母さんに母の日のプレゼントを贈ろうと思ったけれども、まだ結婚しているわけじゃないし、そんなことをしたら変に思われてしまわないだろうか。

....なんて考える彼女さんは多いようです。実際はどうなんでしょうか。

そこで、今回は結婚前の母の日に彼氏のお母さんにプレゼントを贈ることについて調べてみました。


スポンサーリンク
 
  

母の日のプレゼントは結婚前は控えるべき?

この問題についてはもちろん、こうすべきだという唯一の正解はありません。彼氏の母親がどう思うかということにかかわってきますから、結論から言えば彼氏の母による。としか言えません。

ですが、世の中の人の反応というのはどうなのかは調べることができます。

ここでは、ただの彼女ではなく既に婚約中の彼女ということで、ゆくゆくは結婚して彼ママの義理の娘になるということは決まっているわけです。

結婚前に母の日のプレゼントをすることを躊躇するのは、彼ママに「まだ結婚もしていないのに、なにを嫁面してるのかしら」なんて思われないだろうか。という思いがあるからですよね。

色々調べてみたところ、婚約までされているのであればプレゼントをして、喜ばれることはあっても悪い気をする人はいないのではないかという声が多く聞かれました。

中には彼ママだけではなく、彼のおばあちゃんにまでプレゼントをしたという人もいました。

もちろん世の中には色々な母親がいますから一概には言えませんが、多くの場合は息子が婚約している彼女から母の日のプレゼントをもらうと嬉しく思うだろう。ということは言えます。

普段から彼ママに会っているということであれば、プレゼントをあげたらどういう反応をするだろうかというのはある程度想像がつくと思います。特に嫌がるような雰囲気でなければあげる方向で考えていいのではないでしょうか。

過去にも似たような記事を書いていますので、ぜひ参考にご覧になってください。

>> 彼ママに母の日のプレゼントを渡すべき?婚約者ならどう?値段の相場は?
 

この時は、渡すなら彼氏に渡してもらったらどうでしょう。という提案をさせていただきました。

母の日にプレゼントをすることは、恐らくは彼ママも喜んでくれるのではないだろうかという所で、次に気になるのはそのプレゼントを手渡しで渡すか配達してもらうか。ということです。


スポンサーリンク
 

母の日のプレゼントは手渡し?それとも配達?

母の日にプレゼントを渡すとして、彼の実家まで行って手渡しをするべきでしょうか?

既に何回も彼の実家に訪問しているということであれば手渡しでも問題はないかと思います。

ですが、結婚前にプレゼントを渡すというのは「いかにも....」と考えてしまう人もいるようで、そう思う場合はメッセージカードを添えて配達してもらうという選択肢もあります。

メッセージは簡単ですが「これからよろしくお願いします」といった感じのメッセージで良いだろうと思います。

これも難しいところですよね。手渡しが良いと考えている人もいるでしょうから、日頃から彼氏に話を聞いたり、実家に訪問する機会があれば、どんな考えを持っているのかそれとなく聞いてみるということが必要かもしれません。

母の日の贈り主の名前はどうする?

ではプレゼントを贈ると決めた場合、贈り主の名前はどうしましょうか?

息子の彼女として贈るということであれば、もちろん彼女さん本人の名前ということで構わないと思います。

ですが、色々と調べた中にこういう人がいました。

彼はこれまで母の日にプレゼントは贈っていなかったけれども、彼女が母の日にプレゼントしたいと思って彼の名前で母の日のプレゼントをした。

今まで母の日にプレゼントなんてしてこなかった息子ですから、母親としてはピンとくるものがあったのでしょう。彼女からのプレゼントだとすぐにわかったそうです。

そして彼ママの中での彼女の評価が上がったと。

これをどう考えるかは人それぞれでしょうが、結婚前の彼女が彼の母に誕生日プレゼントを贈ることに躊躇するのであれば、このようなプレゼントの贈り方もあるということで参考にしていただければと思います。

まとめ

たしか以前も書いたと思いますが、婚約中の彼女の立場というのはなかなかハッキリしていないポジションだと思いますので、早く結婚して嫁の立場になればスッキリするのだけど。という思いがあるのではないでしょうか。

世の中には難しい人はいますが、プレゼントをもらって悪い気はしないと思うんですよね。贈るものは定番の花などであれば、それほど間違いはないと思いますし。

花が大好きでこだわりがあるという場合でなければプレゼントは花を贈るのが間違いないと思います。

参考にしていただければ幸いです。



 - 父の日・母の日