アラフォーおやじの役立ちポイント

アラフォーおやじが見つけたお役立ちポイントをご紹介

夏バテ対策は食事の栄養から!簡単でさっぱり料理に挑戦!

   

コンビニ弁当

20代男性の一人暮らし。彼女がいるなら彼女に料理を作ってもらえるけれど、そうでないなら自分で料理を作らないといけません。

分かっちゃいるけど食事を作るのが面倒な上に、つらい夏バテならなおさら料理を作る気も起きない。コンビニ弁当で済ませてしまおうというのも分かる気がします。

ですが、それで栄養面を考えていますか?

コンビニ弁当や冷凍食品ばかり食べていたら栄養も偏りがちになっちゃいますよ。


スポンサーリンク
 
  

夏バテを感じたら食事の栄養を見直してみよう!

食事を作るのが面倒くさいからと言ってコンビニ弁当で済ませている人も多いと聞きます。確かに便利で美味しいコンビニ弁当ですが栄養面ではどうなんでしょうか?

色々と調べてみると添加物がたくさん入っていて体に良くないと主張する人もいます。コンビニのお弁当は添加物の表示義務がありますから気になるのであれば添加物の表示についてチェックすると良いでしょう。

コンビニ弁当の栄養ってどうなの?

コンビニ弁当の栄養面に関していえば、まず野菜が少ないですよね。野菜からの栄養素が摂りにくい。その上、味付けが濃いです。

野菜が少ないということに関しては、別途サラダなどを追加すれば問題ないといえる状況ではあります。しかし味付けが濃いというのは何ともしがたいですね。

ですから、たまに食べる分にはコンビニ弁当も悪くないと思います。コンビニだって美味しいお弁当を開発しているわけですからね。そりゃ食べてみたくなるってもんですよ。

ですが、毎日毎日コンビニ弁当で済ませるというのは栄養面でよろしくないのではないかと。そう思うわけであります。

栄養が偏ってたって今は何ともないもの。っていうけれど

栄養が偏っているといっても、何も症状がないから大丈夫という人がいますが、今すぐに何か目に見えて症状が起こるということばかりではないと聞きます。

将来、健康状態に悪影響を与えないとも限りません。栄養は悪いよりは良い方がいい。そう思って今のうちから栄養には気を付けておいた方がよいだろうと思います。

夏バテでも食事は手を抜いてはダメ!簡単にできる料理とは?

コンビニ弁当を買うくらいなら自分で料理をした方がよい。そういう人もいますし、その方がいいだろうということは理解できます。だからと言って面倒くさい料理は嫌ですよね。そこで簡単にできる料理をご紹介します。

簡単だからといって手抜きというわけではないんです。

まぁ料理と言えばクックパッドを見れば一目瞭然だとは思いますが、逆にたくさんメニューがありすぎて何を選んでよいか分からないという人も多いのではないでしょうか。

暑いけど熱い鍋が意外と簡単で栄養たっぷり

鍋は冬にするものでしょ?というなかれ。暑いからこそ熱いものを食べる。良いじゃありませんか。

材料を切って鍋にぶっこむだけ。何と簡単なんでしょう。ものぐさな人にはピッタリでかつ栄養たっぷりな料理です。まぁ料理と言っていいかは人によりますけどね。彼女や奥さんの得意料理が鍋とか言われたらちょっと微妙な雰囲気が漂ったりします。

鍋と言えば白菜なんですが白菜の旬は冬だそうで、おいしいのは冬の時期に取れる白菜なんですね。ですが、今は通年で手に入りますので白菜は鍋の具としてはお勧めですね。カリウムや食物繊維の多い野菜です。

手に入らないという場合はキムチでもいいかもしれません。その場合はキムチ鍋に限定されてしまいますけれど。

トマト鍋というのもお勧めです。最近ではトマト鍋の素なども販売されていますし人気の鍋の一つですね。トマトにはリコピンなどの栄養素があって抗酸化作用が期待できると言われています。

鍋なら色々な具材を入れることができるので、暑いからこそヘビーローテーションで鍋を食べるというのがおすすめではないかと個人的には思うのです。


スポンサーリンク
 

夏バテで食欲不振でもさっぱりしたものなら食べられる!

夏バテになると食欲不振という症状が出てくることがあります。まぁ良く出てくる症状の一つです。

そういう場合はどうすればいいでしょうか。

さっぱりしたものなら意外と食べられるという話を聞いたことがあります。そこで見つけてきたのが「冷やし豚キムチ」です。NHKのみんなの今日の料理という番組で紹介されたものだそうです。

>> 冷やし豚キムチ

作り方は簡単。

玉ねぎをスライスしてきゅうりを切って、もやしとニラと肉を別々にお湯にくぐらせて冷蔵庫で冷やし、頃合いを見てタレと白菜キムチと混ぜるだけ。タレはごま油、醤油、酢、白ごま。

さすがNHK。シンプルですね。

冷しゃぶと豚キムチをミックスしたメニューということでよだれが出てきそうです。野菜もそれなりに入っていますし、肉もあるということで栄養的にはいい感じのメニューです。

試してみてはいかがでしょうか。

料理で夏バテ対策!のまとめ

栄養不足というとビタミンだったりカルシウムだったり鉄分だったり色々な状況が考えられます。正直なところ、全部の栄養を食べ物から摂取しようというのは難しいところもあるでしょう。

そういう場合は、サプリメントで補助するという考えも選択肢の一つだと思います。ただしサプリメントはあくまでも補助という考えに過ぎず、まずは栄養のある食事から始めましょう。

また、夏は暑いからと言って冷たいものを食べたり飲んだりするのは体に良くないと言われています。胃腸の機能が低下するんだそうです。

...冷やし豚キムチは常温にした方がいいかもしれませんね。

暑い夏には冷たい麦茶を何杯も飲んでしまう人は要注意です。

栄養のあるものを食べて体力をつけて冷たいものはなるべく控えて、夏バテに負けないようにしましょう。



 - 夏バテ