アラフォーおやじの役立ちポイント

アラフォーおやじが見つけたお役立ちポイントをご紹介

筋トレで下腹部の脂肪を落としたい 時間はいつごろ?自宅でも可能?

   

筋トレ

おなかの肉が気になる。という年齢になってくるとやっぱりそれなりに何かをしないといけないのかなと思い始めます。

このままじゃメタボ街道まっしぐらだし。だからと言って本格的なジムに通うのも面倒くさいし。

自宅でそれなりに効果のある筋トレが出来たらいいんだけど...。

そんな事が可能なのか?

今回はそんなお話です。


スポンサーリンク
 

筋トレで下腹部の脂肪は落とせるの?

腹筋を動かす筋トレをおこない下腹部の脂肪を落とすことは可能で、より効果を得るためには意識の集中が必要です。一般的に腹筋と呼び慣らされている筋肉は存在せず、該当する筋肉は腹直筋というのが正確な名称になります。

腹筋運動と聞いてイメージするのはシットアップやクランチなどの上半身を起こすトレーニングですが、鍛えられる部位は腹直筋の上部なので効果的ではありません。

下腹部の筋肉を動かして脂肪を燃焼させるのに効果的な運動は上半身を起こす運動ではなく下半身を上げる運動です。

仰向けになり足を上げ下げする筋トレであるレッグレイズやヒップレイズをおこなうときは下腹部で足を上げ下げするイメージを持ちながら、該当する筋肉に意識を集中しておこなうと効果的です。


スポンサーリンク
 

筋トレをする時間はいつ頃がいいの?

筋トレを効率よく行いたいと考えている方が結構いるかと思います。そういう方は筋トレを行う時間帯も重視するようにするとよいでしょう。

筋力アップが目的の筋トレとダイエット目的の筋トレでは行うべき時間帯が異なります。

まず筋力アップの場合にいつ行うべきかというと、夕方がベストです。

夕方は体がスムーズに動くので怪我をしにくいメリットがありますし、夕食で栄養をすぐに補給することができ、その後は睡眠によって成長ホルモンが分泌されるので筋肉が付きやすくなります。

ダイエット目的の場合は朝に行うべきです。

朝に筋トレを行うと代謝がアップするので脂肪を燃焼しやすい体にすることができます。また朝はインスリンが多くなっているので、筋トレや有酸素運動で効率よく痩せられます。

筋トレで下腹部を自宅で鍛えたい

ジムに通わず、自宅で筋トレで下腹部を鍛えたいという場合、まずマットを敷いた床に仰向けに寝そべります。

次に両足を閉じたまま天井に向かって上げて膝を90度に曲げましょう。この時点でキツイと感じたら膝を伸ばしたまま閉じた足を45度くらいに傾けてください。(この時、下腹部に力を入れるイメージをして下さい)

この態勢を10秒間キープします。

これを朝と夜に5~10セット行いましょう(自分の筋力に合わせて回数は調節してください)。簡単な筋トレですが、毎日続けることで少しずつ目に見えるようにお腹がへこんでくるはずです。

大体2週間続けると効果が実感できるのではないでしょうか。あなたも自宅で少しづつポッコリお腹を退治していきましょう。

まとめ

ダイエットというとライザップという名前が浮かんできますが、ライザップは芸能人でも脱落者がいるという話を耳にします。

かつて「スギちゃん」という芸人さんがいましたが、確かライザップに通っていたはずです。その後、なぜだかその話は耳にしなくなってしまいました。

ライザップは過酷なダイエットだという事でも知られているようですが、今回挙げた方法は、そこまで辛くない筋トレですので、まずは2週間、続けてみてはいかがでしょうか。



 - 筋トレ