アラフォーおやじの役立ちポイント

アラフォーおやじが見つけたお役立ちポイントをご紹介

彼ママに母の日のプレゼントを渡すべき?婚約者ならどう?値段の相場は?

      2016/03/02

プレゼント

母の日にプレゼントを贈るかどうか悩む人もいると聞きました。

実の母であればプレゼントを渡すことには何も問題ないと思うのですが、それが付き合っている彼の母だとか婚約中のフィアンセの母親となるとどうでしょうか?

実の母ではないので、なかなか勇気がいることだと思いますし、贈られる方にとっては迷惑と感じられることもあるそうです。

一体どうすればよいのでしょう?


スポンサーリンク
 
  

彼ママに母の日のプレゼントって渡すもの?

これについては付き合っている彼とどれくらいの親密度なのかということが重要になってきますよね。

付き合い始めて数か月など日の浅い場合などは、よほどのことがない限り贈らない方が良いと思います。付き合っている彼の母親とはいえ、それほど親密でもないわけですからね。

彼の母親がどんな人なのかということも関係してくると思います。

息子の彼女に理解のある母親であればいいのですが、中には「息子大好き!」な母親もいます。そういう母親に母の日だからと言ってプレゼントを渡したりしたら、「もう嫁気取りなの?」と思われてしまうかもしれません。

彼ママとかなり親密で友好な関係を築いていると言うのであれば、母の日にプレゼントを贈ることも検討してみてもいいかと思います。彼氏に母親の好みを聞いて何かプレゼントをするのもいいかも知れません。

ただし、プレゼントをする場合は慎重になるべきだと思います。どんなに友好な関係でも他人であることには変わりありません。全然気にしないと言う人ならいいかもしれませんが、なかなかそういう人は珍しいですからね。

少し不安があるということであれば止めておいた方がいいでしょう。

婚約者なら母の日に彼の母にプレゼントを渡してもいい?

では、彼氏彼女の関係から一歩進んで婚約者ということであればどうでしょうか?

ゆくゆくは結婚して嫁になるということは明らかではありますが、そういう場合です。これについては意見が割れるところだと思います。

結局は嫁になるんだからいいんじゃない?という人もいれば、まだ嫁じゃないのに何て図々しいんでしょう?と思う人もいるでしょう。

さらに言えば逆に、何で母の日になにもくれないのよ!と言う人もいるとか。

どう思うかは人それぞれですから、その人がどう思うかは何とも言えません。

ではどうすればよいでしょうか?

彼に母の日のプレゼントをするようにしてもらう

男性は普段、母の日にプレゼントをするということはあまりしていないものです。もちろん、母親を大事にして、毎年母の日にプレゼントをしている人もいるでしょうが、私の周りにはそれほど多くはいませんでした。

もし彼が毎年、母の日に母親にプレゼントをしていなかったとしたら、彼に母の日にプレゼントをしてみてはどう?と伝えるのはどうでしょうか?

もし彼が毎年、母の日にプレゼントをしているなら、いつもと違ったものをプレゼントしてみるとか。

大切なことは、プレゼントをする時に彼氏が一人で贈るということです。郵送でするなら連名ではなく彼だけで送る。去年とは違う母の日ですよ。ということを彼の母に気付いてもらうのが目的です。

そして母親から何か言われた際、さりげなく彼に「彼女と一緒に選んだんだ」と言ってもらうと母親のあなたに対する印象は良くなると思うのです。


スポンサーリンク
 

母の日のプレゼントの値段の相場は?

母の日にどれくらいのものを贈ればよいかに関してはこちらの記事で書いておきましたので、ご覧いただければと思います。

母の日のプレゼントを義母に初めてあげる時の予算は?あげないのってどうなの?

 
普通は母の日というと、定番はやはり「花」ということでプリザーブドフラワーなどが贈られることが多いと聞きます。予算としては3000円から5000円と言ったところが相場のようです。

その他にはご両親と食事に行くということがあるのだとか。

もちろん、母の日だからと言って彼氏の母親だけ連れて行くということではダメで、当然、彼氏の父親も一緒に食事に出かけるということになります。

そういう意味で言うと、予算的には少し多めに見ておく必要があるとは思いますが、年にそんなに回数もあるわけではないと思いますので、この日くらいは奮発してもいいのではないかと思います。

まとめ

婚約中という状態はなかなかに中途半端な状態かとは思います。嫁になることは決定しているけれども、まだ嫁ではない。いっそのこと早く結婚してしまいたい。

そう思う気持ちがあるのではないかと思ったりします。

そういう中で母の日を迎えると言うのは対応に困ることかと思いますが、ここで忘れてはいけないのが、母の日に何かをしたということであれば、当然「父の日」にも何かをしなければいけないということです。

確かに「母の日」というのはメジャーな記念日で、父の日というのは母の日ほど世間で話題になるということはありません。

だからと言って父の日を忘れてしまったとなると、お父様が可哀相でなりません。

くれぐれも父の日のプレゼントは忘れないようにして下さい。



 - 父の日・母の日