アラフォーおやじの役立ちポイント

アラフォーおやじが見つけたお役立ちポイントをご紹介

一人暮らしで帰省の際はペットの猫はペットホテルへ?料金や相場は?

   

猫

お盆に実家に帰省するということは良くあることですが、その際に一人暮らしでペットを飼っていたとすると、そのペットはどうすればよいでしょうか。

家に一匹寂しくおいていくなんてことはできませんから、実家に連れて帰ることができればいいですが、そうでない場合はどうにかしないといけません。

今回はそんなお話です。


スポンサーリンク
 

一人暮らしで帰省する場合ペットはどうしたらよい?

一人暮らしでペットを飼っている場合、帰省するときに連れて帰るのがなかなか難しい状況の時にはペットホテルを利用するなどして預けておく必要があります。

自動車などを利用して帰省するのであれば一緒に連れて行く選択肢をとることもできるかもしれませんが、電車や飛行機を利用する場合はやはり連れて行くことは難しいでしょう。

友人に預ける方法も選択肢としては考えられますが、帰省の時期というのは友人も出かける用事があることが多いので気軽には頼めないでしょうから、やはりペットホテルを利用することが確実と言えるでしょう。

ペットホテルによってはペットの状況をインターネットで確認することができるところもあるので、そういうペットホテルなら離れていても様子を見ることができて便利です。


スポンサーリンク
 

猫を飼っていて帰省する場合はペットホテルに預ける?

飼っているペットが猫の場合どうしたらよいでしょうか?猫も是非ペットホテルに預けておくことをお勧めします。

飼い主が自宅にいなくても猫はおとなしくしているから大丈夫と考えるかもしれませんが、実際にどういった行動をとっているかは分かりませんし家で何があるかも分かりません。

しっかりと新鮮な水とキャットフードをもらう事が出来て信用できるペットホテルがあれば安心です。猫がお気に入りのタオルやゲージを用意して自分のテリトリーを確保出来るようにしておけば問題ありません。

更にペットホテルにしっかりと預けておけば、帰省する飼い主本人も安心できますから、そういった意味でもペットホテルを利用することをお勧めします。

ペットホテルの料金の相場ってどれくらい?

帰省する際にペットをペットホテルに預けることを決めたとして、気になるのが宿泊料金ですよね。

料金の相場はペットの種類や大きさによっても違ってきますし、詳しくは預けようとするペットホテルのホームページやチラシなどをみて確認する必要がありますが、平均すれば一泊五千円程度と考えておけばよいでしょう。

当然小さいペットは安くなりますし、大きい犬などは料金が高くなります。その他にもペットホテルの形態やサービスによっても料金の相場は変動してきます。

また、サロンが併設されていればトリミングやシャンプーなども一緒にやってもらえますし、動物病院が併設されているところなら健康診断をやっておいてもらうというような利用の仕方もできます。

まとめ

ペットは可愛くて一緒にいると癒されますが、一人暮らしの身分ではいろいろと制限が課されるので、なかなかペットを飼うことができないんですよね。

長期の旅行も制限されますしね。

ペットを飼いたいとは常々思っているのですが、そのようなこともあって中々ペットを飼う一歩が踏み出せません。

ペットを飼うというのはやっぱり大変なんですね。



 - お盆