アラフォーおやじの役立ちポイント

アラフォーおやじが見つけたお役立ちポイントをご紹介

お盆旅行で日帰りや格安の国内・海外旅行はある?

   

台湾

お盆と言えば実家に帰省というのがパターンではありますが、お盆休みを利用して旅行に行こうという人もいるのではないでしょうか。

そんな場合、どこに行けばいいでしょうか。お盆休みはどこもかしこもかなり混んでいると予想できますから、できるだけ移動に時間をかけずに済むところがいいですよね。

今回はそんなお盆休みに行ける旅行について考えてみました。


スポンサーリンク
 

お盆休みに旅行へ日帰りで行くならどこがいい?

普通であれば、お盆休みは実家に帰省したり、お墓参りをしたりと忙しいものですが旅行に行くという人もいるようです。そこで、お盆休みに日帰りで旅行に行くにはどこがいいかということを考えてみましょう。

日帰りとなると、何より近場で手軽に行ける場所がいいですよね。手軽でもゆっくりと羽を伸ばせる場所に行きたいでしょう。

そう言って、今回おすすめとご紹介するのが「箱根」です。

北海道に住む管理人が箱根を紹介するのもなんだかなという感じがしますが、都内に住まれている方にとってはお役に立つのではないかと。

箱根までは新宿駅から小田急ロマンスカーで約1時間半ほどです。

ロマンスカーに乗っているだけでも旅行気分を味わえますが、箱根にはたくさんの温泉があります。温泉に浸かれば日頃の溜まりに溜まった疲れを存分に癒すことが出来るでしょう。

箱根には芦ノ湖や美術館など都会の喧騒を忘れてゆっくりと出来る場所も数多くありますので、お盆休みをエンジョイするにはオススメですね。

また、箱根には日帰り旅行では回り切れないほどの観光スポットが用意されていますから、あらかじめ回りたいところをピックアップしておくと効率的にお盆休みを楽しむことができるでしょう。

帰りには駅前のお土産屋さんでお土産を買って帰れば、家に帰ってもお盆旅行の余韻に浸ることができますね。


スポンサーリンク
 

お盆休みに旅行に格安で行きたい 国内なら?

さて先ほどは日帰りでしたが、今度は国内旅行にチャレンジです。どこが良いでしょうか。

家族でスケジュールを合わせてどこか休みが取れないかと計画するなら、だいたいお盆の時期と重なってしまうでしょうから、お盆じゃなきゃダメなんだと言う人もいるでしょう。

お盆の時期は意外と旅行に出かける人も多く、人気のあるホテルや旅館は夏休みの中でも一番高い料金になっていたりします。家族旅行となると、なるべく安い費用におさめたいところですよね。

となれば、まずは国内の宿泊予約サイトで格安の宿泊施設がないか探してみましょう。

お盆直前になってキャンセルが出る場合もありますし、部屋が海側ではなく山側に面しているなどのワケアリな事情があって安くなっている部屋もあります。

人気の観光地は混むことが多いので都市部に宿泊し、そこから電車で移動するなど工夫次第でお盆の時期でも国内旅行を上手に楽しむことができるでしょう。

日帰りと違って宿泊できる分、余裕のあるスケジュールが組めますね。

お盆休みで旅行へ行きたい 海外に格安で行くなら?

日帰り、国内と来れば次は海外旅行じゃありませんか。

旅行好きな方なら自然と身についている知識だと思いますが、大型連休やお盆休みが近くなってくると旅行会社の格安ツアーのパンフレットが目立ってきますよね。

今回も東京を起点に考えてみました。

国内・海外たくさんの格安ツアーが紹介されていますが、やはり人気は東京から3時間半ほどで行けるグアム。それから台湾、不動の人気スポット「ハワイ」になります。

その中でも台湾は特にお勧めです。台湾は親日の人が多いようで安心できるイメージがあります。また、なんといっても食べ物が美味しいですからね。

日本人好みの味や馴染みの食材が多いので屋台での食べ歩きはとてもお勧めです。あとはお茶も美味しいですね。

台湾の方は日常的にたっぷりの時間をかけてお茶を飲む方が多いそうで、たくさんのお茶屋さんがあります。香りと味と茶器を楽しみながら味わうお茶は思い出深いものになります。

そしてなんと言っても台湾の人々はとても親切です。言葉は分からなくても現地の人とたくさんコミュニケーションをとり素敵な旅行をしたいですね。

まとめ

管理人がかつて働いていた会社では「お盆はバケーションではない」というキャッチフレーズ的なものがささやかれていたことがあります。

確かにお盆には休みがありますが、その休みは遊んだり羽根を伸ばしたりといったもののために使うものではない。という意味だったんですね。

実家に帰省したりお墓参りをしたりと色々とお盆にはやることがたくさんあります。そのようなことをしているうちに気が付けばお盆休みなんて終わってしまうよ。というのが実際の所でした。

確かに「お盆はバケーションではない」と感じていましたが、あなたはどうですか?



 - お盆