アラフォーおやじの役立ちポイント

アラフォーおやじが見つけたお役立ちポイントをご紹介

浴衣を着る時の履物で下駄以外なら?下駄の靴擦れ対策と花火大会

   

下駄

花火大会にカップルでデートに行くときには浴衣を着ていくことが多いと思いますが、背の高い女性の場合、履物に苦労するという話を耳にしたことがあります。

浴衣を着る女性は綺麗ですよね。そんな浴衣の履物には下駄というのが定番だと思っています。

ですが背の高い女性が下駄を履くとなると、かなり大柄な人物に見えてしまうので下駄を履くことにためらいがある人もいるようです。

「下駄をはかせる」という言葉もあるくらいですから結構高くなるんでしょうね。

そこで今回は、花火大会にデートに出かける背の高い女子にとって、浴衣と一緒に履く履物に下駄以外で何があるのか考えてみました。


スポンサーリンク
 
  

浴衣を着る時の履物で下駄以外の選択肢はある?

浴衣に下駄というのは風情があると思いますが、背の高い女子にはためらいがあるようで二の足を踏んでしまう人がいると聞いています。

確かに背の高い女子が下駄を履くことでさらに背が高くなってしまったらどうしようと思う気持ちも分からないではありません。

相手とのバランスを考えているのであれば相手にも下駄を履いてもらえばいいことですが、単純に今よりも背が高くなるからという理由であれば下駄以外の選択肢を検討しなければいけませんよね。

そこで出てくるのが草履です。

浴衣に合わせるのであれば下駄のように高さのない草履が良いのではないかと。そう思うわけです。個人的には下駄を履いてもらいたいところですが、どうしてもというのであれば草履という選択肢もアリですね。

年齢にもよりますがキャピキャピした若い方であれば、ビーチサンダル的な履物もひょっとしたらアリかもしれません。着物にこだわる人は眉をひそめるかもしれませんけど。

でもやっぱり浴衣には下駄でしょう

ここまで下駄に代わる履物として草履をご紹介してきましたが、やっぱり下駄を履いてほしいというのはわがままでしょうかね。あの「カランコロン」という音は聞いていて心地よいものですからね。

下駄というと二本足のあの「下駄」を想像するかもしれませんが草履型の下駄もあるわけですよ。それはそれで若干、下駄よりも高さが抑えられているのでいいんじゃないかなと。

下駄でもできるだけ高さの低いものを選んで履いてみるとか。

浴衣と履物がマッチしてたら背の高さなんて。と思うのは管理人だけでしょうか。


スポンサーリンク
 

下駄の靴擦れ対策はどうしたらよい?

さて、そんなこんなで(?)花火大会に下駄を履いていくことに決めた場合、気を付けておくべきは鼻緒による靴擦れでしょうか。

彼氏と花火大会デートだからと浴衣と下駄を新調したものの、デートの日に下駄を履き初めしたものだから靴擦れというか鼻緒ズレが酷くて大変だった。という話をよく聞きます。

ですから下駄を購入したら花火大会に履いていく前に、普段から少しずつ履いて慣らしておくということが必要ですね。

鼻緒が硬い場合は良く揉んで柔らかくするという方法もあります。ただし、モノによっては鼻緒の芯がダンボールでできているものもあるのでそういう鼻緒の場合は揉まないようにしましょう。

あとは見た目はあまり褒められたものではないかと思いますが、絆創膏を貼って保護するという方法もあります。最初から貼っていくということではなくて、万が一のためにバッグに忍ばせておくのが良いでしょう。

靴ずれ確実ということであれば、事前に貼っていくという選択肢もアリかもしれませんけど。

花火大会で浴衣を着ていくときの履物は何がいい?

結局のところ、管理人としては花火大会に浴衣でデートをするということれあれば、履物としては草履タイプの下駄が良いでしょう。という結論になります。

下駄のあの音というのは何とも風情があっていいじゃありませんか。そして浴衣。普段あまり見ることのない姿でしょうからドキッとするもんです。

ということで、下駄。

どうぞよろしくお願いします。

下駄の履き方って知ってますか?

ところで、意外と知らないのが下駄の履き方です。そういう管理人も下駄なんてそうそう履きませんから知らなかったのですが、色々と調べていくうちに今までの履き方が間違っていたということに気が付きました。

下駄には鼻緒がありますが、あれって親指と人差し指で挟む形になりますよね。その時に鼻緒を指の股にガシッとくっつけて履いていませんか?

それよりも少し余裕を持たせた方がいいらしいんですね。そして親指と人差し指についてもガシッと挟むんじゃなくて、こちらも少し余裕を持たせる方がいいとのこと。

歩くときも太ももを軽く上げるようにして歩くと、あの風情のあるカランコロンという音が鳴るとのことなんです。

そして、かかと。

かかとは出して履くのが正しい履き方だというんです。ですから、下駄を購入するときには靴屋さんで試し履きをすると思いますが、その時に、

この下駄小さいからもっと大きい下駄ないですか?

なんていうのはちょっと考えた方がいいってことですね。かかとは出るくらいが丁度よい大きさなんです。

まとめ

花火大会は夏の風物詩で大きな花火大会だと隅田川花火大会などが有名ですね。たくさんの花火が打ち上げられるのは圧巻ですが花火大会を見物に行くのも結構大変だと聞きます。

人混みがすごくて花火どころではないという話もチラホラと。

そんな花火大会ですが、管理人は北海道在住のため残念ながら隅田川花火大会は生で見ることができません。それでも北海道新聞主催の花火大会がありますので、それなりに花火大会は楽しんでいます。

とはいえ一度、隅田川花火大会を生で見てみたいものです。



 - 花火大会