アラフォーおやじの役立ちポイント

アラフォーおやじが見つけたお役立ちポイントをご紹介

甥っ子の入学祝いは必要?プレゼントが良いか現金か?相場は?

   

入学祝い

高校入試を控えた子供を持つ親は試験日から合格発表の日まで気が気ではないですよね。試験が終われば各自、答え合わせをして合格か不合格かのある程度のアタリはつけると思いますが、合格発表がされる日までは落ち着かない日が続くと思います。

また、そんな高校を受験する受験生を親戚に持つ大人の頭を悩ませるのが、高校合格のお祝いではないでしょうか。相場はどれくらいなのか?現金で渡すものなのか?プレゼントで良いのか?なかなか頭を悩ませます。

そういう管理人も今年、甥っ子が高校受験でした。

色々と調べました。今回は管理人がどのように対処したのかをご紹介したいと思います。


スポンサーリンク
 
  

甥っ子の入学祝いは必要?

そもそも甥っ子が高校の入学試験に合格したということで入学祝いをあげる必要があるのかということなんですが、まぁ甥っ子ですからね。あげないわけにはいかないだろうと。そう思うわけです。

しかも管理人の場合は、甥っ子と同じ市内に住んでいるということもあって顔もそこそこ合わせますから、そこは入学祝いをあげないという選択肢はありませんでした。遠くに住んでいるとしても連絡は来るでしょうから、上げないという選択肢はないんじゃないかなと思います。

甥っ子は姉の息子なんですが、これが、いとこの子供とかになると入学祝いをあげようか、あげなくていいだろうかと迷ったりするところだとは思います。いとこの子供でそんなに顔も合わせないということであれば不要かなとも思ったりしますし。連絡が来ないという可能性もありますしね。

今回はあげない理由がないということで、この問題はクリアしました。次に入学祝いを上げるとしたら何をあげるかということになります。

甥っ子の入学祝いはプレゼントが良いそれとも現金?

高校に合格した甥っ子に入学祝をあげるとして、次はプレゼントがいいのか現金で良いのか気になるところですよね。

これについては現金で良いと思うんですよね。

おじいちゃんやおばあちゃんが入学祝いをあげる場合は何かのプレゼントでも良いのかなと思ったりしますが、叔父が甥っ子に入学祝いをあげるなら現金かなと。

甥っ子の立場からしても、おじいちゃんやおばあちゃんには欲しいものを素直に言えると思いますが、叔父さんにはそれほど言えないのではないかという思いがあるんですよね。

そんな思いもあるので叔父さんの管理人としては現金を渡すことにしたわけです。

もちろん、おじいちゃんやおばあちゃんでもプレゼントではなく現金で渡す場合もあるでしょうけどね。そこら辺はプレゼントの要求がなければ現金でいいんじゃないかと思ったりします。


スポンサーリンク
 

甥っ子にあげる高校の入学祝いの相場は?

管理人が分からなくて調べたのがここです。甥っ子の高校入試の合格祝いにあげる金額としてはどれくらいが適当なのでしょうか?

色々と意見は分かれているようです。

大体1万円くらいというのが相場とものの本には書かれているようですが、ネットでの意見は範囲がありまして、1万円から3万円というのが相場ではなかろうかという意見が多く見られました。

では実際いくらくらいの金額が良いのかということなんですが、結論から言うと管理人は2万円をお祝いとして渡すことにしました。

気を付けたのは多すぎてもいけないという事。ものの本に1万円が普通だと書かれているということで親もそれを基準に考えているかもしれない。ということ。

もしそうであれば3万円を包むのは少し多いのではないかと。そう思ったんですね。しかしながら1万円から3万円という金額の幅があるということで2万円でもよろしかろうと。

色々と頭を悩ませながら額を決めたわけです。

この手のお祝いは今後そんなにあるわけじゃないでしょうし、あっても大学入試と就職祝いくらいでしょうから、それも数年後です。少しくらい多くてもいいのかなと。

で、2万円という額に決めました。

甥っ子の入学祝いについてのまとめ

いかがでしたでしょうか。参考になれば幸いです。

実を言うと管理人には甥だけではなく姪もいるんですが、姪は来年高校を卒業します。高校卒業後は進学するようですので、またおお祝いが必要になってきます。

さすがに高校の入学祝いと同じ額ではいかんだろうなと。3万か5万か、今から悩むところです。



 - 入学祝い