アラフォーおやじの役立ちポイント

アラフォーおやじが見つけたお役立ちポイントをご紹介

静電気対策で冬に使うグッズのおすすめや服装について

   

静電気

乾燥した冬になると多くなるのが静電気ですよね。

寒くなってセーターなどを着こんだりするとセーターなどが原因で帯電して、金属に触って一気に放出。

なんてことでバチバチと痛い思いをするわけです。

結構大変ですよね。そんな静電気についてどうしたらよいのか。

今回はそんなお話です。


スポンサーリンク
 

静電気対策で冬にしておけばいい事って何?

冬の時期になると空気が乾燥して肌が荒れてしまったり、肌の乾燥が気になってくる時期でもあります。

空気が乾燥していることで静電気が発生しやすい時期でもあるため、ちょっと物に触れたり服を着替える時にパチパチと静電気が走ることもあるでしょう。

そのような状態を防ぐための対策として、室内では空気の乾燥を防ぐために加湿器で室内の湿度を上げるといいでしょう。空気が乾燥せずに、ある程度の湿度があれば静電気は発生しにくいため静電気対策になります。

空気の乾燥は喉を痛めることもあるので、風邪やインフルエンザ対策としても室内の湿度をある程度保つことは有効です。

また、市販されている静電気対策グッズなどもあるので、その手の商品を利用するのも対策の一つです。


スポンサーリンク
 

静電気対策グッズのおすすめは何?

乾燥した季節に起こる静電気。苦手な方も多いのではないでしょうか。けっこう痛いし、びっくりして恥ずかしかったりしますよね。

対策として、おすすめのグッズがありますので紹介します。

エレガードという静電気スプレーです。結構知らない方もいらっしゃると思います。

この使用方法はとても簡単で静電気が自分の身の回りにまとわりついてきたら、サーっと振りかけるだけです。小さいものをいつも持ち歩くようにしておけば、たいへん重宝することは間違いありません。

ドアや車の取っ手に触る前など、もしも自分が帯電しているような、ざわざわとした感覚があるときは迷わずスプレーしてみましょう。

少しでも、冬の生活が快適になると思います。

静電気対策に良い服装は?

冬になると車の扉やお店のドアを開けようとする度「バチッ」と静電気が走って、その都度いやになりますよね。そんな静電気対策に有効な服装にはどういったものがあるのでしょうか?

ヒントは服の素材にあります。

ウールやレーヨンなど繊維の質によって「プラス」「マイナス」に帯電しやすい素材が分かれています。アクリルやポリエステルがマイナス、コットンや麻・革などが中間、ウールやナイロンなどがプラスに帯電しやすくなっています。

ポイントはプラスとマイナスが離れているもの同士だと帯電しやすくなり、近いもの同士だと帯電しにくくなります。例えばポリエステルのブラウスを着用した際、ナイロンのスカートよりもアクリルのスカートの方が帯電しにくいです。

これらを応用し革のジャケットを着用するならインナーはコットン地のシャツにするなど、組み合わせを工夫するだけで静電気が起こりにくくなります。

まとめ

静電気を何度もバチバチと経験していると、静電気恐怖症みたいになっちゃいますよね。

パチっといったあの感じが嫌でたまりません。

掌で金属を覆うように触ると静電気が逃げていくという話も聞いたことがありますが、実際はどうなんでしょうか。

静電気を逃がすグッズもあるみたいなので、それを使って見るのも一つの手かもしれませんね。



 - 乾燥