アラフォーおやじの役立ちポイント

アラフォーおやじが見つけたお役立ちポイントをご紹介

唇が乾燥して剥ける!リップでおすすめは?病院で薬を貰うべき?

   

乾燥

冬など乾燥している記事は特に唇の乾燥もひどくなりますよね。唇が割れて痛い経験をしたという人は数多くいるのではないでしょうか。

そんな時に、唇を舌でなめて水分補給をと考える人もいるかも知れませんが、それよりもきちんとリップクリームを使用した方が良いという話も耳にします。

今回は唇が乾燥する原因とその対策についてご紹介します。


スポンサーリンク
 

唇が乾燥して剥ける原因は何?どうすればいい?

唇が乾燥して皮が剥ける原因は外の空気の乾燥や寒さにより唇の水分が奪われてしまうからです。

唇が乾燥して乾燥が酷くなってくると、皮が剥けることになってしまいますが決して剥いてはいけません。皮を剥くことにより出血したり、新たに出来た傷にばい菌が入り化膿してしまうこともあります。

唇の乾燥に気付いたら、なるべく早い段階でリップクリームなどで水分を含ませてあげることが重要です。

毎日の保湿を習慣づけ、ひび割れたりして酷くなってしまった場合はリップクリームを唇に厚く塗り、ラップなどをかけて風呂場でパックの様に蒸してあげると、より保湿が奥まで染みわたって治るのが速くなります。

まずは定期的なリップクリームによる保湿と皮を剥かないことが重要です。


スポンサーリンク
 

唇の乾燥にはリップを!おすすめは何?

乾燥する季節には外出する際には注意することが多いです。

お肌が乾燥するために保湿クリームを塗って外出するのと同様に、唇も乾燥するためにリップクリームを塗って外出することがおすすめです。

乾燥した状態で大きな口を開けると唇が割れて出血します。この部分はお話をしたり食べ物を食べたりとよく動く部分のため、治すには時間がかかります。

せっかく治りかけても再度割れたりとなかなか治らないのが現実です。ですから、そのようにならないように事前にリップクリームを塗るのが一番の防止策です。

最近ではいろいろな会社から販売されていますが、どこの会社のさほど差異がありませんが、使用する側とすると皮膚トラブル防止のための保湿クリームを昔から作っているような多くの人から支持されている会社のものが安心して使えるためおすすめです。

唇の乾燥で病院を受診して薬を貰うべき?

冬は空気が乾いていて唇も乾燥して割れてしまいます。ひどい方は病院へ行って薬を処方してもらうこともあるでしょう。

それはもちろん専門家の意見を聞くという意味では、間違いが少なく、まっすぐ解決の方向を示してくれると思います。

しかし本当に医者にかかる必要があるのかどうかは別の話になります。

まず傷口を癒すのに一番大事なことが、しっかり保湿をすることです。口を切ったり口内炎等で口の中をケガしても、すぐに忘れて気が付いたら治ってしまっていることも多いのではないでしょうか。

口の中は、いつも十分に保湿されているので、それだけケガの回復が早いのです。この仕組みさえわかっていれば、唇の乾燥にも自分の力で対処することは十分に可能といえます。

まとめ

唇が乾燥して割れたりなんかすると、かなり痛いですよね。なので、そうなる前にきちんとリップクリームで保湿することが大切なんですね。

余りにも乾燥がひどくて痛くて困るという場合は、病院に行くのも一つの手でしょう。

状況を見て対処する必要がありますね。



 - 乾燥