アラフォーおやじの役立ちポイント

アラフォーおやじが見つけたお役立ちポイントをご紹介

リモコンの電池が液漏れした場合の掃除や修理・処理について

   

乾電池

リモコンの乾電池を交換しようと思って電池カバーを開けると電池が白い粉が吹いていた。なんて経験はありませんでしょうか?僕は何回かあります。

あれを見たら

「うわ。ヤバッ!」

って思っちゃいますよね。これ、機械大丈夫だろうか?なんてまずは思います。

そんな場合どうしたらよいかということで調べてみました。


スポンサーリンク
 

リモコンの電池が液漏れした場合の掃除方法

リモコンの電池の液漏れによる白い粉のような塊は液が固まったものですから、確かに搔きだすことで良いのですが、その後はティッシュなどで、きれいに拭き取っておくといいでしょう。

もしその後で金属部分に腐食の感じがあるようであれば新しい電池でも接触が悪くなることがあるので、そこの部分を紙やすりなどでこすり磨いておくと安心です。

白い粉状態まで行かないで液の状態が残っているのであれば、食酢で濡らした布や綿棒で丁寧に拭くこと、その後乾いた布や綿棒でさらに掃除しておくことが大切です。

液漏れの液は電解液ですから人間にも有害です。手に着ついたらすぐ水で洗いましょう。


スポンサーリンク
 

リモコンの電池が液漏れしたら修理出来るの?

リモコンに電池を入れっぱなしで久しく使わなかった時、使おうとしたら知らない間に液漏れしていて使えず困った。

これって修理できるのかな?もう使えないんじゃないかなとか不安になります。

これは液漏れにより接触部分がサビついてしまう事でリモコンが効かなくなってしまうのですが、そうならないためにもリモコンの電池はアルカリ電池よりマンガン電池をお勧めします。

そこで、液漏れが起こってしまった際の修理方法はどうすればよいかご紹介します。

まず電池が液漏れした際に、接触していたバネがサビるのですが、そのサビをガリガリと良く削り落としましょう。これは先ほども書いた通りです。

そして、その部分に鉛筆の芯を良くすり込んで下さい。これで作業は完了です。

「こんな方法で?」と思う人もいるでしょうが、リモコンを買い換える前に是非試してみてください。

液漏れした電池の処理はどうしたらよい?

さて、しばらく放置しておいて、いつのまにか液漏れしていた乾電池はどうすればよいでしょうか。

電池にサビが出ていたり、液体や白い粉のようなものが付いていたときは、素手で触るのはとても危険です。

特に子供さんなんかが触れないようにすぐに処理すべきですね。小さい子供であれば口に含んでしまう危険性もあります。

子供のおもちゃには電池を使うものがありますから、常日頃から注意しておきましょう。

もし触ってしまったらすぐに十分な水できれいに洗い流さなければなりません。

その電池をそのままにしておいて液漏れが他のものに付着したり、また誰かが触ると危険なのですぐ透明な袋に入れておきましょう。

皮膚に触れてしまったら火傷などを引き起こすこともありますし、それが目に入ってしまったら失明の恐れもあります。

そしてその電池はもう使えないので処分することになりますが、処理方法は各自治体によって異なるので、それぞれの自治体に問い合わせてその指示に従うことが大切です。

電池はリモコンなど生活の中でいくつも使われていますが液漏れしたものはとても危険だということを覚えておく必要があります。

まとめ

電池の液漏れって何回か見ていますが結構危険なものなんですよね。特に小さな子供さんがいる場合は、間違って触ったり口にしたりしないように注意しておくべきです。

電池の中には液漏れに対して保証してくれるものがあります。

普通に使っていれば液漏れは生じないとは思いますが、万が一のことも考えてそのような電池を使用するということも検討してみてはいかがでしょうか。



 - 生活