アラフォーおやじの役立ちポイント

アラフォーおやじが見つけたお役立ちポイントをご紹介

七五三は数え年それとも満年齢?写真の予約はいつ?衣装レンタルについても

   

七五三

七五三というのは日本の伝統行事としてあるみたいですが、どこかで言ったかと思いますが、僕は七五三をやった記憶がありません。写真も残ってないですし。

ただ、もしかしたらという写真の記憶はあるのでひょっとしたら写真は撮ったかもしれません。

そんな七五三ですが、そもそも数え年なのか満年齢なのかという論争があるみたいですね。

また、七五三の日にちがピンポイントということで多くの人がその日に写真館で写真を撮ったりすることになって込み合うことが予想されます。

写真館などはいつから予約すればいいのか、衣装のレンタルはいつまでに申し込めばいいのか。

今回はそんなお話です。


スポンサーリンク
 

七五三って数え年でやるの?それとも満年齢?

初節句や誕生日は誰もが悩むことなく、その日にお祝いをするものですが、それが七五三のお祝いになると、それをするのが数え年なのか満年齢でするのかと考えるようです。

昔からあるお祝い事は数え年で行うことが多かったのですが、現在ではそれがどちらでも特に決まりはありません。それぞれの家族内での考えとか地域での慣習に習って、親心で子供の成長を祈ることが大切になっています。

数え年で考える場合は、例えば大晦日に生まれた子供は次の日の元日にはもう数え年の二つになってしまいます。

それを考えると七五三のお祝いをしてあげる時に子供にも思い出として残るようにしたい時には満年齢でしたほうが良いと思われたりするんですね。

それなので、満年齢、数え年は特にこだわる必要はないでしょう。


スポンサーリンク
 

七五三の写真の予約っていつまでにすればよい?

七五三は11月15日に行われる行事です。実際には、その前後の土日を中心に10月後半から11月中に神社にお参りをしてお祝いをしていることが多いようです。

家族そろっての記念写真も、お参りの当日にしたいものですがなかなか難しいですよね。

そこで、いつ予約をしたらベストかを考えます。考えることは皆同じですから、お参りの当日を希望するなら予約もかなり早く取る必要があります。

ただ、その場合は時間と煩雑さに追われるため、ゆっくりとお子さんの成長の余韻に浸ることは難しいかもしれません。人が込み合うことから、お子さんの機嫌も考える必要がありますしね。

反対に時間的に余裕のある夏ごろであれば、ゆっくりと時間をかけて写真を撮ることができます。着物選びも十分です。ただし夏の場合は日焼けに注意しておく必要があります。

七五三の写真撮影は衣装レンタルするのが良い?

七五三の写真撮影というと、きちんとした写真スタジオで行うことが多いもの。しかし費用が高額になることが多く自分で取るスナップ写真で十分と思う方もおられるかもしれません。

どちらが良いかは結局は個人の好みなのですが、写真スタジオで撮影した方が思い出に残る写真が撮れます。なぜなら大手のスタジオですと衣装レンタルを行っているからです。

一生に一度しかない七五三という儀式ですので、せっかくなら衣装にこだわりたいですね。個人で撮ると衣装チェンジというのも何度もできるわけではありません。

写真スタジオではお子さまにあった衣装を何着か選択できますので、スタジオで撮影することをおすすめします。

まとめ

一般的には七五三は数え年でするものだと言われているようですが、それぞれの事情もあるでしょうから、それほど厳密なものではないんですね。

また、七五三は11月15日だからその日にすべて終わらせなければいけないんだ。ということでもないようです。写真を撮るのは余裕をもって日にちを前倒ししてみたりということもあっていいんですね。

11月15日にどうしても。という理由もないでしょうから近い日にするか、あるいはもっと前に写真だけはとっておくとか、色々な選択肢があるということなんですね。



 - 七五三