アラフォーおやじの役立ちポイント

アラフォーおやじが見つけたお役立ちポイントをご紹介

初盆に提灯を送る場合の相場と時期について のしはどうする?

   

盆提灯

初盆を迎える親族がいる場合に提灯を送りたいと思うことがあります。そんな場合に悩むのが、提灯の相場っていくらくらいなのかということや、いつ提灯を送ったらよいのかということ。

また「のし」には何と書けばよいのかということも悩みます。

今回は初盆を迎える親族を持つ場合、提灯を送る場合はどうしたらよいかについて書いてみたいと思います。


スポンサーリンク
 

初盆に提灯を送る際の相場はいくら?

親族が亡くなって四十九日の法要を終えたあとに初めて迎えるお盆の時期を「初盆」といいます。故人が亡くなってはじめて家に戻るということで丁寧な供養をします。

初盆では故人が迷うことなく家に戻ってくることができるように目印として提灯を飾ります。これを白提灯と言ったりします。仏壇の前に飾る場合もありますし玄関先に飾る場合もあります。

提灯を誰が用意するのかということは特に決まりはありませんが、親族が用意する場合が多いでしょう。また故人にお世話になった人が感謝をこめて送るという形も見られます。

提灯の相場ですが、お提灯料の相場は大体1万円から2万円程度なので自分の予算の範囲で決めましょう。

また、飾る場所のスペースや部屋の雰囲気も考えて選ぶといいですね。白提灯は初盆の時に1度だけ使用するものですが、絵柄のある提灯ですと翌年以降も繰り返し飾ることができるのでおすすめです。


スポンサーリンク
 

初盆に提灯を送る時期はいつが適当?

初盆は亡くなった方が初めて迎えるお盆になるので盛大に行う場合が多いです。初盆に提灯を灯すのは亡くなった方の足元を照らし迷わずに帰ってこれるようにというのは先ほど書いた通りです。

親族の方が亡くなり初盆を迎える場合で提灯を持っていないなら、やはり提灯を送るのが1番良いでしょう。仏壇まわりも華やかになるので、お参りにいらっしゃる方々が沢山いらっしゃる初盆にも見栄えが良いと思います。

提灯を親族の方に送る場合の時期としては初盆の前がよいでしょうね。親族の方が提灯を飾る前には送るようにしましょう。

「ぜひ他のものと一緒に飾ってください」と付け加えて送ると自分が送った提灯も飾ってもらえるので亡くなった方への供養にもなりますし送った側も嬉しいですよね。

初盆に提灯を送る場合ののしの書き方は?

初盆に提灯を送るとすれば「のし」に何と書けばよいでしょうか。

この点、提灯を購入されたお店に聞けば詳しく教えてくれるとは思いますが、調べてみると「ご仏前」ののし紙にフルネームで名前を書くようです。

また、昨今の住宅事情もあってスペース的に盆提灯を飾る余裕がないことなども配慮し、最近では提灯代として現金を包むパターンもあります。

書き方として結び切りやあわじ切りのついた水引に提灯代の場合は表書きに「御提灯料」もしくは「新盆献灯料」と書き、表書きの下にフルネームで名前を書きます。

お葬式では薄墨を使いますが供養では薄墨の必要はありません。

まとめ

新盆には提灯を送るという習慣があるのは知っていますが、既に持っている場合はどうすればよいかと考えてしまいますよね。

管理人も今年初盆を迎えるのですが、既に提灯は結構な数があるんですよね。中には家紋入りの提灯もあるので更に提灯をもらっても、という状態だったりします。

もちろん初盆用の白提灯は購入するつもりですが、その他に改めて提灯が送られて来たらちょっと困るなというのが本音だったりします。



 - お盆