アラフォーおやじの役立ちポイント

アラフォーおやじが見つけたお役立ちポイントをご紹介

乾燥したかかとのひび割れはクリームで大丈夫?軽石はダメ?

   

かかと

特に冬場になると、かかとのひび割れというのが目立ってくるような印象を受けます。

全体重がのしかかっている足ですから、皮膚も相当硬くなって来ているはずなんですよね。

そんな踵ですが、お風呂に入って軽石でごしごしと固い皮を削っている人もいるかと思います。

それっていいんでしょうか?

今回はそんなお話です。


スポンサーリンク
 

乾燥かかとのひび割れにはどうしたらよい?

乾燥によるかかとのひび割れは冬の乾燥の時期だけに起こることではありません。

夏のクーラーによる乾燥や裸足で行動することで、肌のバリア機能が低下してしまったり汚れが溜まって角質が厚くなってしまったことも起こります。

一度なってしまうとなかなか改善が難しくなってしまうので治すだけでなくしっかりとした予防も必要です。

一番効果的なのは、お風呂でかかとを温め皮膚が柔らかくなったところでピーリング効果のある石鹸などで厚くなった角質を落とします。そのうえでたっぷりと保湿をしていくことが何よりも大切です。

そして靴下などで保護します。保湿成分がかかとの奥深くまで浸透し肌のターンオーバーが正常化してくるとひび割れは改善されます。

そしてそのケアを継続することで予防にもつながります。


スポンサーリンク
 

乾燥かかとに塗るクリームでいいものはある?

乾燥した季節にお手入れを怠ると肌がカサカサしてきます。顔のケアだけではなくボディケアも必要です。特にかかとは、ちゃんとお手入れしないとすぐにカサカサになってしまいます。

夏におしゃれなサンダルを履きたいのであれば冬の間からしっかりとお手入れをする必要があります。

乾燥した肌のお手入れには保湿用クリームが最適です。しかし、すでにカチコチに固まってしまったかかとにはクリームの保湿成分がなかなか浸透しません。

その場合は尿素の入ったクリームがおすすめです。尿素が肌を柔らかくするので保湿成分が肌に浸透しやすくなります。

しかしカチコチになったかかとの原因は乾燥だけではありません。水虫の可能性もあります。ですので尿素配合クリームを使い続けても改善しない場合は皮膚科へ行きましょう。

乾燥かかとに軽石を使っても大丈夫なの?

かかとは歩く時の重要な部位にあたり地面にあるいろいろなものを踏みつけることになりますので、刺激を感じて自然と皮膚が厚くなります。

自己防衛の一つで生きているためにそのようになります。

しかし厚くなった皮膚は厚みを重ねることで一番外側の部分は固くなり水分もなく乾燥してひび割れをおこすことになります。そのためそのような部分を軽石で擦って余計な厚みを取り除くことは問題ないことです。

乾燥かかとに軽石を使用することは余計な皮膚を取り除くことになり、またストッキング等をはく際の伝線を避けることにもなります。

軽石で擦りつるつるになり水分のある皮膚が出てきた場合には、潤分に保湿剤を塗り乾燥を防ぐことが大切です。

まとめ

かかとのひび割れ対策としては、やはり保湿が大切ということです。

軽石でごしごしとこするのは良くないという話を聞いていたんですが、きちっと保湿をすればいいんですね。

もちろん、やり過ぎは良くないでしょうから、ほどほどに軽石でこすって固い部分を落としてから保湿する様にしましょう。

ただし、水虫の可能性もあるみたいなので、そこらへんはちょっと気を付けておいた方が良いでしょうね。



 - 乾燥